Rock Me!
株式会社ロックミー個人情報保護方針
個人情報保護方針 2010年9月1日制定
個人情報保護方針について
株式会社ロックミーは、お客様に安心して当社サービスをご利用いただくため、個人情報保護体制の運営維持に努めてまいります。
個人情報の利用目的
当社は取得、収集した個人情報(氏名、性別、住所、生年月日、メールアドレス、当社サービスの利用内容等個人に関しての情報)を、以下の目的で利用するものとします。

  • 情報提供、サービス提供
  • お問い合わせに対する回答、アフターサービス
  • 商品の発送、資料等の送付
  • 当社及び第三者よりの商品、サービスのご案内、勧誘
  • マーケティング調査、分析
  • 他、各サービス個別に定める目的のため
個人情報の利用範囲
当社が収集する個人情報は、当社が業務上必要な場合、もしくは各種サービス提供に必要な場合にご提供をお願いしています。ご提供いただいた個人情報は利用目的の範囲内で利用することとし、ご本人の同意なくそれ以外の目的で利用することはありません。

収集した個人情報について、個人が識別特定されることがない範囲で、サービス向上や品質改善、第三者への公表のための統計資料作成に利用することがあります。
個人情報の保護
当社保有の個人情報について、最新の状態に保ち、不正アクセス、紛失、改ざん、漏えい等のリスクを認識し、当社が可能な発生予防措置や是正措置を講じます。
個人情報の提供
当社は、お客様の個人情報をあらかじめお客様の同意を得ることなく第三者に提供、開示することはありません。当社の業務委託企業においても、個人情報は当個人情報保護方針に基づいて厳格に管理されるよう措置を講じます。ただし、次のような場合においては、個人情報を提供することがあります。

  • 法令に基づく場合、法的手続に基づき提供を求められた場合
  • 第三者の生命、身体、財産保護のため必要である場合
外部委託先の個人情報取扱い
当社は外部委託先に、サービス運営、労務管理や郵送物の発送、システムの開発、保守、改修、注文処理、資料配送及び代金決済などを目的とし、個人情報を委託する場合があります。
その場合、当社の定める個人情報管理水準と同等の水準で個人情報の厳重な管理を徹底するよう、契約により義務付け、適切な監督を行います。
個人情報の開示
お客様ご本人から求めがあった場合、当社保有の開示対象個人情報の開示、内容の訂正、追加または削除、利用停止、消去、第三者への提供の停止に応じます。ご相談窓口までお問い合わせください。
個人情報提供の任意性
お客様が自身の個人情報を当社へ提供するか否かは、お客様自身の判断に基づきます。個人情報を提供しないと判断された場合、当社の運営するサービスが利用できない場合がありますので、ご了承ください。お客様の提供した個人情報の記入間違い、不備等がある場合、当社運営のサービスが当社の意図するものとならない場合がございますので、ご了承ください。
その他個人情報の取得について
当社は、サービス品質向上のため、または品質改善につながる統計情報を作成するため、クッキーやビーコンといったウェブ技術を使用して蓄積した情報と、当社保有のお客様の個人情報とをひもづけて記録する場合があります。ウェブブラウザ等の個別設定によりクッキーやビーコン等の機能を停止できる場合がありますが、その場合は当社サービスが利用できない場合がありますのでご了承ください。
個人情報の安全管理
当社は個人情報の改ざん、漏洩、紛失等、お客様の個人情報に関するリスクに対して合理的かつ適切な安全対策を講じていますが、インターネットや電子メールの性質上、個人情報に関するリスクを当社が完全に保証することはできません。

当社運営のサービスにおける個人情報の開示、漏洩等によってお客様本人、会員または第三者に生じた損害について、当社に故意または重度の過失がある場合を除いては、一切の責任を負いません。

当社の運営するサービス以外で、インターネット上で自発的に個人情報を開示した場合、その情報は他の利用者によって収集される可能性があることにご注意下さい。当社運営のサービスには、他のウェブサイトへのリンクが含まれていることがありますが、当社は他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護については一切責任を負いません。お客様は、当社運営のサービスから他のウェブサイトにいつ移ったかを常に認識し、自身の個人情報を提供する際は、自身の責任を持って他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護方針をお読みになられるようお願いいたします。
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
株式会社ロックミーは自社運営のサービスやアプリケーションを提供するにあたり、お客様に満足いただけるサービス品質の実現、提供を目指しています。そのために取得したお客様の個人情報を以下の個人情報保護方針に基づき、安全かつ適正に管理することをお約束します。

  • 当社は個人情報の取得時、その取得目的・利用範囲を明らかにし、目的の範囲内で安全かつ適切に取扱います。
  • 原則、お客様の個人情報をお客様の同意なく外部提供することはありません。ただし、公的な機関からの要請に対しては提供することがあります。
  • 外部委託先へ業務を委託する場合、秘密保持契約の締結によって個人情報の保護を担保します。
  • 当社は個人情報に関する個人の権利を尊重します。個人情報に関する苦情、相談、開示、訂正、削除、更新その他のお問い合わせに対して、合理的期間、妥当な範囲でこれに応じます。
  • 当社は個人情報への不正アクセスまたは個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどのリスクに対し、合理的な安全対策を講じます。
  • 当社は個人情報保護に関する法令、国が定める指針を遵守し、社内規定を定めます。
  • 当社の個人情報保護方針は、IT技術の動向を踏まえ、見直しと継続的改善に努めます。

本方針は、当社役員および従業員に周知されるとともに、ウェブサイトへの掲示などにより一般の方が入手しやすい形で開示します。重要な変更や改訂がある場合には、随時ホームページ等で変更内容をお知らせします。

株式会社ロックミー
代表取締役社長 小林宗織
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
株式会社ロックミー ご相談窓口
E-mail : toiawase@rockme.co.jp
特定商取引法に基づく表記
特定商取引法に基づく表記
販売事業者名
株式会社ロックミー
代表者
小林宗織
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
電話番号
03-6459-2693(代表)(受付時間:平日10:00~18:00)
メールアドレス
toiawase@rockme.co.jp
販売価格および決済方法について
各商品ごとに表示
返品
商品の性質上、ご入金後の返品・返金は致しかねます。あらかじめご了承ください。
BLOGS

生きるちから

2017.02.16

こんにちは。Rock Me!ダメ代表の小林です。
鏡リュウジさんがたまに送って下さるマドレーヌが美味しすぎて自分でも注文するようになり、ぶくぶく太っています。ヤバい。

日本人なら誰もが通る道なんですが、小学生のときに体育で「鉄棒」やらされたの覚えてます?
そのなかに必ず「逆上がり」がありましたよね。

コツさえつかめばなんてことはなく、ヒョイっとできるアレです。
ですが、必ずクラスで数人は「できないヤツ」がいました。

私はその「できないヤツ」でした。

幼稚園のころは体操部でバク中までできたのに、小学生でファミコン中毒になり、肥満児になってしまってw

先生に
「逆上がりが出来ない人は、休み時間や放課後に練習するように。遅くとも今学期中にできるようにしなさい。」
と言われ。

自分は残って練習しても、新学期になっても、全くできる気配がない。
他のできないヤツもちょっとずつ上達してできるようになっていく。
自分だけができないまま・・・。

みんなが体育で楽しそうにサッカーやっているのを横目に、自分だけ逆上がり。
当然クラスではデブレッテルが貼られる。
当時の自分は動けるデブ(サモハンキンポー)を目指していたのだが。

ウチにかえって、家長であるじぃちゃんに相談するわけです。
(※私を養子にとった実父)

「ねぇジィちゃん、どうすれば逆上がりできるようになる?」

するとジィちゃんはこういいました。

「逆上がりもできねぇのか。情けねぇヤツだな。庭に鉄棒作ってやるから待ってろ。」

大正生まれのジィちゃんは根性論の塊にして歩く男気。
世継ぎの私が逆上がりができないでクヨクヨしていることが相当気に障ったようで。

話が大袈裟になっていきました。

そしてある日、家に帰ったら庭に鉄棒ができていました。

「これ、体操選手がウルトラCとかするヤツでしょ。まず手が届かないよ! 学校の鉄棒はコレジャナイ!」

そんなようなコトを言いましたが、

「情けねぇなぁ」

と一言だけ。自分がグルグルと鉄棒を回り始めました。
ジィちゃんはもと体操選手だったので、そりゃうまいでしょうよ。
その後の人生でも、自宅にこんな鉄棒を作ったヤツはロッキー・バルボア以外に見たこがない。

こうして、逆上がりに苦手意識を深めてしまった。(笑)

 

ところが翌日、学校でふと逆上がりをしてみたら、

「クルン」

とまわれてしまったのです。
自分でも信じられませんでした。

いつもは
「できないに決まってる」
と思いながら変な力が入っていたのですが、前日強烈な鉄棒をみたインパクトのせいか、変な力が入らずに挑戦できていたと思います。

たまたま1回うまくいったら、そのあとは何回でもできるようになりました。
まわる時のちょっとしたコツだったのですね。

小中学校のときって、鉄棒以外にもこういう小さな失敗や挫折がたくさんありませんでした?
この年齢になって、実は学校という場所が小さな失敗やそれを乗り越える成功の体験の場だったことがわかります。

「自分だけ九九ができない」
とか
「自分だけピーマンが食べれない」
とか。
そんな試練があって、自分でなんとか頑張って克服していきます。

『苦手なことを自分なりに工夫して、克服したり、好きになる訓練』

こういう小さな失敗の積み重ねが、社会に出てから小さな壁にぶつかった時に、

「ほら、お前このくらいの困難は自分で乗り越えられたじゃないか」

と味方になってくれていると思います。

大袈裟な言い方すれば、これが「生きるちから」であり、「自信」なのかなぁ。
と思ったりするわけ。

最近よく
「昭和世代の仕事は根性論、精神論ばかりで古い」
という批判をよく見かけますね。

たぶん、若い人たちからみたら、我々昭和脳はみんな経済のために国がチューニングしたロボットみたく見えているんじゃないでしょうか(笑)
「なんで自分を押し殺して、ストレスに耐えて生きてるの?」みたいに。
ルールのなかでストレスに耐えていればブランド服や高級車、マイホームが買えて、それで心を満たせた世代と言われても否定できない側面はあります。

反対に昭和世代からは
「若い世代はメンタルが弱すぎて、仕事を責任持って最後までやり遂げない。ガツガツしてない。」
というのもしょっちゅう聞きます。
実際私も若い子たちが仕事しているのを見てると「ビジネスとして成立させる」ことへのこだわりが小さくて、大丈夫かなーと思うことも多い。
社会が成熟して、家も車も持ってる彼らは、ガツガツする必要がない世代なのは確か。
彼らが何で心を満たすのかは彼らの世代が決めることだし、それはお金で買えるものではない傾向が強いのは確かなんだから、昭和の価値観を押しつけるのはよくない。

でも。

ガツガツしてようがしてまいが、組織にいようがいまいが、社会に出て何かチャレンジをすると、必ず大小の壁にぶつかる。
昭和な私たちは有り難いことに、ちょっとした壁なら自分で考えて乗り越える訓練を学校でしてくれてある。
その逆で若い世代は、壁を乗り越えるのではなく「避けてOKだよ」と教育されてきてる。

だから、社会人になって部署に配属されてはじめて小さな壁にぶつかったとき、
「俺だけ逆上がりできないや・・・」
というような感覚を覚えてしまう。自信をなくす。

我々の世代だって、逆上がりができなくても学校の先生たちは長い目で待ってくれた。
若い世代と楽しく仕事していくコツはここにあると思う。

「ゆとりは使えない」とか言って放置するんじゃなく、
「一緒に壁を乗り越える方法を考えて、見守る」
というスタンスがとても大切に思う。
そしてそれを上長も理解して、組織全体でやっていかないと。

自分も以前は
「ちゃんと責任感を持って、仕事を自分事にする努力をしよう」
と若い世代に言ったのだけど、最近はむしろ、
「若い世代が【生きる力】を育むことを私たちが自分事にしないとダメなんでは?」
と考えるようになった。

先日、ロックミーは人を育てることで大失敗をしてきたというブログを書きましたが、こういうスタンスに変えてマネジャーたちとも取り組むようになってから、やっと新人が定着するようになってくれました。

あと3歩ずつ、お互いに歩み寄れたらいいのになぁと思う今日この頃。

鉄棒は変な力が入っていたら、本来できる能力があってもできない。
でも一度まわれたら、何回でもデキるようになるもんですからね。

ではまたー。

小林宗織

Pocket

この記事をかいた人

  • MUNEORI
  • ロックミー代表。小林宗織(ムネオリ)。通称宗さん。23区内ながら湧水とダイコン畑だらけの秘境「練馬区大泉」に生まれ育つ。ばあちゃん子。近所に不発弾が出たとき、ヒィばあちゃんを置いて逃げたことが人生唯一の後悔。酔った勢いでテレビ通販のグッズを買ってしまう。オークション詐欺にもあうほど騙されやすい。趣味はとにかく(ひとり)旅。好きなのは昭和の香り残る場所と人。長所・短所は好奇心旺盛すぎること。最近の興味関心は仏教とファンタジーと夢。 ノーファンタジー・ノーライフ。 小林の書いた記事の一覧はこちら

関連記事

  • 2012.10.29
  • 2013.07.30
  • 2016.02.19