Rock Me!
株式会社ロックミー個人情報保護方針
個人情報保護方針 2010年9月1日制定
個人情報保護方針について
株式会社ロックミーは、お客様に安心して当社サービスをご利用いただくため、個人情報保護体制の運営維持に努めてまいります。
個人情報の利用目的
当社は取得、収集した個人情報(氏名、性別、住所、生年月日、メールアドレス、当社サービスの利用内容等個人に関しての情報)を、以下の目的で利用するものとします。

  • 情報提供、サービス提供
  • お問い合わせに対する回答、アフターサービス
  • 商品の発送、資料等の送付
  • 当社及び第三者よりの商品、サービスのご案内、勧誘
  • マーケティング調査、分析
  • 他、各サービス個別に定める目的のため
個人情報の利用範囲
当社が収集する個人情報は、当社が業務上必要な場合、もしくは各種サービス提供に必要な場合にご提供をお願いしています。ご提供いただいた個人情報は利用目的の範囲内で利用することとし、ご本人の同意なくそれ以外の目的で利用することはありません。

収集した個人情報について、個人が識別特定されることがない範囲で、サービス向上や品質改善、第三者への公表のための統計資料作成に利用することがあります。
個人情報の保護
当社保有の個人情報について、最新の状態に保ち、不正アクセス、紛失、改ざん、漏えい等のリスクを認識し、当社が可能な発生予防措置や是正措置を講じます。
個人情報の提供
当社は、お客様の個人情報をあらかじめお客様の同意を得ることなく第三者に提供、開示することはありません。当社の業務委託企業においても、個人情報は当個人情報保護方針に基づいて厳格に管理されるよう措置を講じます。ただし、次のような場合においては、個人情報を提供することがあります。

  • 法令に基づく場合、法的手続に基づき提供を求められた場合
  • 第三者の生命、身体、財産保護のため必要である場合
外部委託先の個人情報取扱い
当社は外部委託先に、サービス運営、労務管理や郵送物の発送、システムの開発、保守、改修、注文処理、資料配送及び代金決済などを目的とし、個人情報を委託する場合があります。
その場合、当社の定める個人情報管理水準と同等の水準で個人情報の厳重な管理を徹底するよう、契約により義務付け、適切な監督を行います。
個人情報の開示
お客様ご本人から求めがあった場合、当社保有の開示対象個人情報の開示、内容の訂正、追加または削除、利用停止、消去、第三者への提供の停止に応じます。ご相談窓口までお問い合わせください。
個人情報提供の任意性
お客様が自身の個人情報を当社へ提供するか否かは、お客様自身の判断に基づきます。個人情報を提供しないと判断された場合、当社の運営するサービスが利用できない場合がありますので、ご了承ください。お客様の提供した個人情報の記入間違い、不備等がある場合、当社運営のサービスが当社の意図するものとならない場合がございますので、ご了承ください。
その他個人情報の取得について
当社は、サービス品質向上のため、または品質改善につながる統計情報を作成するため、クッキーやビーコンといったウェブ技術を使用して蓄積した情報と、当社保有のお客様の個人情報とをひもづけて記録する場合があります。ウェブブラウザ等の個別設定によりクッキーやビーコン等の機能を停止できる場合がありますが、その場合は当社サービスが利用できない場合がありますのでご了承ください。
個人情報の安全管理
当社は個人情報の改ざん、漏洩、紛失等、お客様の個人情報に関するリスクに対して合理的かつ適切な安全対策を講じていますが、インターネットや電子メールの性質上、個人情報に関するリスクを当社が完全に保証することはできません。

当社運営のサービスにおける個人情報の開示、漏洩等によってお客様本人、会員または第三者に生じた損害について、当社に故意または重度の過失がある場合を除いては、一切の責任を負いません。

当社の運営するサービス以外で、インターネット上で自発的に個人情報を開示した場合、その情報は他の利用者によって収集される可能性があることにご注意下さい。当社運営のサービスには、他のウェブサイトへのリンクが含まれていることがありますが、当社は他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護については一切責任を負いません。お客様は、当社運営のサービスから他のウェブサイトにいつ移ったかを常に認識し、自身の個人情報を提供する際は、自身の責任を持って他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護方針をお読みになられるようお願いいたします。
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
株式会社ロックミーは自社運営のサービスやアプリケーションを提供するにあたり、お客様に満足いただけるサービス品質の実現、提供を目指しています。そのために取得したお客様の個人情報を以下の個人情報保護方針に基づき、安全かつ適正に管理することをお約束します。

  • 当社は個人情報の取得時、その取得目的・利用範囲を明らかにし、目的の範囲内で安全かつ適切に取扱います。
  • 原則、お客様の個人情報をお客様の同意なく外部提供することはありません。ただし、公的な機関からの要請に対しては提供することがあります。
  • 外部委託先へ業務を委託する場合、秘密保持契約の締結によって個人情報の保護を担保します。
  • 当社は個人情報に関する個人の権利を尊重します。個人情報に関する苦情、相談、開示、訂正、削除、更新その他のお問い合わせに対して、合理的期間、妥当な範囲でこれに応じます。
  • 当社は個人情報への不正アクセスまたは個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどのリスクに対し、合理的な安全対策を講じます。
  • 当社は個人情報保護に関する法令、国が定める指針を遵守し、社内規定を定めます。
  • 当社の個人情報保護方針は、IT技術の動向を踏まえ、見直しと継続的改善に努めます。

本方針は、当社役員および従業員に周知されるとともに、ウェブサイトへの掲示などにより一般の方が入手しやすい形で開示します。重要な変更や改訂がある場合には、随時ホームページ等で変更内容をお知らせします。

株式会社ロックミー
代表取締役社長 小林宗織
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
株式会社ロックミー ご相談窓口
E-mail : toiawase@rockme.co.jp
特定商取引法に基づく表記
特定商取引法に基づく表記
販売事業者名
株式会社ロックミー
代表者
小林宗織
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
電話番号
03-6459-2693(代表)(受付時間:平日10:00~18:00)
メールアドレス
toiawase@rockme.co.jp
販売価格および決済方法について
各商品ごとに表示
返品
商品の性質上、ご入金後の返品・返金は致しかねます。あらかじめご了承ください。
BLOGS

ダーマ神殿へようこそ

2016.07.28

brave

こんにちは。Rock Me!代表の小林です。
良く起業を考えてる人から「会社の作り方教えてー」みたいな相談を受けるのですが、ほとんどの人は実際の起業に至りません。
私自身のRock Me!もまだまだこれから。発展途上の会社でこれからたくさんの山を登らねばならないのですが、起業したいとか自分で商売したいって人たちを冷静にみていると、何となく共通項があることに気が付きました。

最近、古い友人であるKくんから連絡がありました。
彼もそのうちの一人だったと思います。

K「相談ごとがあるんだけど・・・会えない?」

いったい何の相談だろなー?
なんて思いつつ、

宗「オッケー。でもなんの相談か教えてー。」

と聞きました。
だって、自分がアドバイスもできないような相談内容だったら時間を割くのはお互いにちょっともったいないですもんね。

K「宗の会社の立ち上げエピソードとかいろいろ聞きたいんだよね」

Kくんの目的がはっきりせずモヤモヤでしたが、旧い友人なのであまり気にせず、彼と待ち合わせして飲みながら話を聞きました。

Kくんはサラリーマン。
ネットワークエンジニアとしてキャリアを重ねてきたのだけれど、40才を目前に起業チャレンジをしたいと思っているとのこと。

K「どうやって最初に人を集めたの?」
K「どうやって資金を集めたの?」
K「どうやって・・・」
という具合に、会社を興す際の具体的な「手段(方法)」を聞いてきたので、私の知っていることを全部答えていきました。

宗「で、Kちゃんは具体的になにをしようとしているの?」

と聞きてみました。
実際Kちゃんが何をしたいのかがクリアーでなく、アドバイスも漠然としかできなかったので。

K「・・・あるネットサービスを作りたいんだよね・・・でも自分はアイディアとネットワークの知識はあっても、データベースやらデザインやらアプリやらは全くわからないし、人脈もなくて・・・正直どこから手をつけていいかわからないんだ。誰かいい人いないかな?」

宗「Kちゃん、事業のスタートは誰でもそんなもんだよ。でもさ、俺を呼んでいろいろやり方聞きたいのはわかるけど、どんなウェブサービスにするかも俺に秘密なの? 自分はなにも開示しないで、助けだけ引っ張りだしたいの?(笑)」

と、あえて相当なイジワルをいってやりました。
すると彼は少し黙ってから、

K「だってさ、宗は行動力の塊だから、俺のアイディア聞いたらすぐに実現できちゃうじゃん・・・」

これだったのか・・・
彼がずっと目的をハッキリ言わなかった理由は。
(友達のアイディアを平気でパクるかもしれない人間に見えてるんだなぁ・・・泣)

しかし。
こういう風にアイディアをひとりで温めて温めて、結局行動に移せないパターンをこれまで何人みてきたことか。
だから、思い切り言ってやりました。

宗「Kちゃん。自分のアイディアを大事にしたい気持ちはわかるけど、ぶっちゃけKちゃんがそのアイディアを思いついてる時に、すでに世界には同じことを考えている人が1万人いる。で、そのうち1%の100人は実現に向けて動いている。そしてその1%の1人が成功する。俺なんかの心配をしなくても、ほんとにKちゃんのアイディアがいいものなら、サービスを世に出した途端、パクる人たちが出てくる。そのときに資本力がない自分の会社がどうやって大手に太刀打ちするかを考えた方がいいよ。」

実際、私は事業アイディアを生むことが仕事なので、いつも大小のアイディアが浮かびますし、「いけるかも」と思うものは必ずアイディアスケッチをします。絵にしたり、文にしたり。

たとえば2001年、当時企業で流行りつつあったグループウェア(サイボーズとかが有名ですね)に日記機能をつけて、アクセス権を設定できるようにして、一般人が使ったら絶対におもしろいと思い、スケッチを作って部署内で見せて回っていました。部署内の反応は「なんじゃこりゃ???」みたいな感じだったので、ヘタレ新卒だった私は「ニーズないのだろうな…」と行動を止めてしまいました。
すると数年後、世界中でSNSがサービスとして生まれ、Facebookはみなさんご存知の通り社会のインフラにまでなりました。
私がそういう構想をしていたときに、同じことを考えている人は星の数ほどいたのです。Facebookのザッカーバーグさんはアイディアの卵を温めるのはほどほどに、実際に形にして世に出して、利用者の反応をみながらサービスはどんどん発展していきました。
アイディアを生む仕事にしている企画職にとって、こんなの日常茶飯事ですし、実際に行動をした人の成功をみて「あれ、俺も考えていたんだよね」がいちばん底が知れてしまうセリフです。

そんなわけで本当に
Idea is Nothing!
なのです。

そんな話をしていると、Kちゃんはついにやりたいことを話し始めました。

アイディアとしては、普通でした。
ニッチですが、もう考えている人は世界に最低1000人はいるでしょう。

でも。

Kくんの眼の輝きが変わりました。
彼がそのサービスの内容を具体的に話し始めたとき、そこに「熱」がありました。

この人は本当にこれをやりたいんだな・・・
と思える「熱」が。

そして、サービスもやり方次第でちゃんとビジネスとしても成り立つなと思いました。

それまでは「旧友だから」という理由で彼にアドバイスをしていましたが、彼の熱によって私のモチベーションは一気に「この人の志を支えてあげたい」に変わりました。
そのサービスが世に出て、Kくんが目的を達成したら関わる人もユーザーも幸せになるし、一緒に呑む酒がうまいだろうなぁと思ったのです。

このKくんの話は例に過ぎません。
Facebookで良いところばかり切り取ってアップしているせいなのか、わたしのところに起業を考えている人が良く相談にきてくれます。

で、彼らにいつも話すのですが、今の時代ほど起業に向いている時代はありません。
特にネット系起業については断言できます。

書類上、1円から会社作れます。
シェアオフィスだって安いです。
昔は用意するだけで数千万円もしたネットサービス系のインフラは、よりよいものが月数万円から使えます。
起業にまつわる情報も探せばたくさんあります。
パソコンも激安です。どこでも仕事できます。
副業を許す会社すら出てきています。
起業できない理由がどんどんなくなっていく。

なーのーに。

相談にきてくれる人のほとんどは起業に至りません。
「まだ自分にスキルが足りてない」
「機をうかがっている」
「家族に迷惑かけたくない」
などなどを理由に。

「みんななんでアクション起さないのかなぁー」
ってずっと思っていたのですが、考えていたらなんとなくドラクエにいきつきました。

ドラクエの目的は世界を平和にするために、悪い魔王を倒すことです。

戦士一人では勝てません。ダメージを回復できないからです。

魔法使いも僧侶も特殊スキルがありますが、ひとりでは役に立ちません。

勇者のスキルはかなり中途半端で、ひとりでは一番役に立ちません。(笑)

でも、それぞれの能力がパズルのように組み合わさると、お互いの強みを活かしあって、強大な「魔王を倒す」という大きな目的を成すことができます

そして、「勇者」にしかできないことがあります。

「勇者」は、間違いなく「勇気を持つ者」の略です。
「魔王を倒す」なんて誰もがビビってやらないことでも、勇気をもって「行動を起こすこと」です。

「起業して成功する」という大きな目的を成すのに、一人でアイデアだけ温めていても何も始まりません。
自分がもっているスキルがどういうパズルのピースで、目的を完遂するのにほかにどんなピースを見つける必要があるのか。
ちゃんと考えて、他のピースを探す必要があります。
この目的を成すためのパズルのピースを見つける一歩を踏み出し、組み合わせることができるのが勇者だけなのです。

今まで起業に至らなかった人たちは、ほとんどは「自分は魔法使いだから」とか「戦士だから」とかいう視点で、自分だけで(いつか)魔王を倒しに行こうとしている人たちでした。

だから、まわりを信じて頼ろうとしないのです。

アイディアをいつまでもひとりで温めています。
で、そのうち誰かがやってしまったり、タイミングを大きく逃してしまったり。

起業したい人は自分が勇者の視点になって、直接「熱」を伝え、魔王を倒す仲間を募らなけえればならないのです。

ロード・オブ・ザ・リングのフロド(小人族)は弱いのですが、相手がどんなに強大でも恐れず向かっていく勇気があるので、みんなが力を貸します。三国志の劉備も弱いけど、志を曲げない勇気があったので優秀な人が集まりました。ワンピースのルフィは・・・
と挙げればきりがない。
英雄になる話ではなくて、一歩を踏み出す勇気を持つ「勇者」になるという話です。

ドラクエでは職業を転職するのに「ダーマ神殿」に行きますね。
でも「勇者」という職業はないので、神殿で選択できません。

勇者は戦士や魔法使いみたいにスキルを誰かに認めてもらってなるものではなく、自分のなかにあるダーマ神殿で「俺は勇者だ」と宣言したときから勇者です。
誰でもなれるんです。

勇者になって行動を起こすと、それまで出会わなかったたくさんの人と出会います。
出会って、たくさんの人を信じることになります。
当然ながら、誰かを信じると裏切られることもあります。
傷つくこともあります。

それでも、人を信じ続ける勇気があるから、「勇者」なんです。

いろいろな理由でチャレンジ(起業)したい気持ちにストップをかけている人たちがいます。
もし本当に成し得たいことがあるのであれば、倒したい魔王がいるのであれば、準備がどこまで進んでいるのか、正直にそれを周りに話してみることからスタートしたらいいのではないでしょうか。
熱は必ず伝わって、必ず、勇者(あなた)を助けたいと思う人たちが現れます

「人を信じる勇気」というのがどうしてこんなにハードルが高いのかよくわかりません。
誰もが傷つくことが怖いからかもしれません。
でも、魔王を倒すと得られるものは本当にプライスレスで大きいわけです。

実際起業が失敗しても、もがいた分だけ学ぶものはたくさんあります。
そして経済的にゼロの振り出しに戻っても、死ぬ国ではありません。これはホントにそう思います。日本は優しい。

実際あなたが勇者になって企業をしたとして、その時どれだけの人が助けてくれるかは今までの行いにもよります。
でも、手を貸してくれる人がゼロということはまずありません。

なぜこんなに「起業」をおすすめするかというと、今の時代、「起業」はリスクのおおきな冒険ではなく、もっとカジュアルなものだと思うからです。
よりたくさんの人が、行動を起こして、小さなビジネスを自分でやっていくべき時代が来ていると思います。
私も魔王を倒しに行く道の途中なので、そういう話をできる仲間が欲しいっていうのもあるんですけどね(笑)。

実際に起業した人たちをみていると、サラリーマン時代と較べて300%くらい活き活きしています。

課題にぶつかったりして、不安に襲われることも、正直たまにありますよ。
でもそういうときこそ、仲間がいることを思い出すと不安は吹っ飛びます。

魔王は信じる気持ちが弱い人々の心に付け込むものでしょう?
魔王は人が結束するのを一番嫌がるでしょう?

だから、あなたが誰かを信じて一歩を踏み出せたら、それはもう魔王を倒す第一歩なのだと思うのです。

さて、薬草とこんぼう持ちました?

Pocket

この記事をかいた人

  • MUNEORI
  • ロックミー代表。小林宗織(ムネオリ)。通称宗さん。23区内ながら湧水とダイコン畑だらけの秘境「練馬区大泉」に生まれ育つ。ばあちゃん子。近所に不発弾が出たとき、ヒィばあちゃんを置いて逃げたことが人生唯一の後悔。酔った勢いでテレビ通販のグッズを買ってしまう。オークション詐欺にもあうほど騙されやすい。趣味はとにかく(ひとり)旅。好きなのは昭和の香り残る場所と人。長所・短所は好奇心旺盛すぎること。最近の興味関心は仏教とファンタジーと夢。 ノーファンタジー・ノーライフ。 小林の書いた記事の一覧はこちら

関連記事

  • 2011.03.07
  • 2016.12.12
  • 2016.11.15