Rock Me!
株式会社ロックミー個人情報保護方針
個人情報保護方針 2010年9月1日制定
個人情報保護方針について
株式会社ロックミーは、お客様に安心して当社サービスをご利用いただくため、個人情報保護体制の運営維持に努めてまいります。
個人情報の利用目的
当社は取得、収集した個人情報(氏名、性別、住所、生年月日、メールアドレス、当社サービスの利用内容等個人に関しての情報)を、以下の目的で利用するものとします。

  • 情報提供、サービス提供
  • お問い合わせに対する回答、アフターサービス
  • 商品の発送、資料等の送付
  • 当社及び第三者よりの商品、サービスのご案内、勧誘
  • マーケティング調査、分析
  • 他、各サービス個別に定める目的のため
個人情報の利用範囲
当社が収集する個人情報は、当社が業務上必要な場合、もしくは各種サービス提供に必要な場合にご提供をお願いしています。ご提供いただいた個人情報は利用目的の範囲内で利用することとし、ご本人の同意なくそれ以外の目的で利用することはありません。

収集した個人情報について、個人が識別特定されることがない範囲で、サービス向上や品質改善、第三者への公表のための統計資料作成に利用することがあります。
個人情報の保護
当社保有の個人情報について、最新の状態に保ち、不正アクセス、紛失、改ざん、漏えい等のリスクを認識し、当社が可能な発生予防措置や是正措置を講じます。
個人情報の提供
当社は、お客様の個人情報をあらかじめお客様の同意を得ることなく第三者に提供、開示することはありません。当社の業務委託企業においても、個人情報は当個人情報保護方針に基づいて厳格に管理されるよう措置を講じます。ただし、次のような場合においては、個人情報を提供することがあります。

  • 法令に基づく場合、法的手続に基づき提供を求められた場合
  • 第三者の生命、身体、財産保護のため必要である場合
外部委託先の個人情報取扱い
当社は外部委託先に、サービス運営、労務管理や郵送物の発送、システムの開発、保守、改修、注文処理、資料配送及び代金決済などを目的とし、個人情報を委託する場合があります。
その場合、当社の定める個人情報管理水準と同等の水準で個人情報の厳重な管理を徹底するよう、契約により義務付け、適切な監督を行います。
個人情報の開示
お客様ご本人から求めがあった場合、当社保有の開示対象個人情報の開示、内容の訂正、追加または削除、利用停止、消去、第三者への提供の停止に応じます。ご相談窓口までお問い合わせください。
個人情報提供の任意性
お客様が自身の個人情報を当社へ提供するか否かは、お客様自身の判断に基づきます。個人情報を提供しないと判断された場合、当社の運営するサービスが利用できない場合がありますので、ご了承ください。お客様の提供した個人情報の記入間違い、不備等がある場合、当社運営のサービスが当社の意図するものとならない場合がございますので、ご了承ください。
その他個人情報の取得について
当社は、サービス品質向上のため、または品質改善につながる統計情報を作成するため、クッキーやビーコンといったウェブ技術を使用して蓄積した情報と、当社保有のお客様の個人情報とをひもづけて記録する場合があります。ウェブブラウザ等の個別設定によりクッキーやビーコン等の機能を停止できる場合がありますが、その場合は当社サービスが利用できない場合がありますのでご了承ください。
個人情報の安全管理
当社は個人情報の改ざん、漏洩、紛失等、お客様の個人情報に関するリスクに対して合理的かつ適切な安全対策を講じていますが、インターネットや電子メールの性質上、個人情報に関するリスクを当社が完全に保証することはできません。

当社運営のサービスにおける個人情報の開示、漏洩等によってお客様本人、会員または第三者に生じた損害について、当社に故意または重度の過失がある場合を除いては、一切の責任を負いません。

当社の運営するサービス以外で、インターネット上で自発的に個人情報を開示した場合、その情報は他の利用者によって収集される可能性があることにご注意下さい。当社運営のサービスには、他のウェブサイトへのリンクが含まれていることがありますが、当社は他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護については一切責任を負いません。お客様は、当社運営のサービスから他のウェブサイトにいつ移ったかを常に認識し、自身の個人情報を提供する際は、自身の責任を持って他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護方針をお読みになられるようお願いいたします。
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
株式会社ロックミーは自社運営のサービスやアプリケーションを提供するにあたり、お客様に満足いただけるサービス品質の実現、提供を目指しています。そのために取得したお客様の個人情報を以下の個人情報保護方針に基づき、安全かつ適正に管理することをお約束します。

  • 当社は個人情報の取得時、その取得目的・利用範囲を明らかにし、目的の範囲内で安全かつ適切に取扱います。
  • 原則、お客様の個人情報をお客様の同意なく外部提供することはありません。ただし、公的な機関からの要請に対しては提供することがあります。
  • 外部委託先へ業務を委託する場合、秘密保持契約の締結によって個人情報の保護を担保します。
  • 当社は個人情報に関する個人の権利を尊重します。個人情報に関する苦情、相談、開示、訂正、削除、更新その他のお問い合わせに対して、合理的期間、妥当な範囲でこれに応じます。
  • 当社は個人情報への不正アクセスまたは個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどのリスクに対し、合理的な安全対策を講じます。
  • 当社は個人情報保護に関する法令、国が定める指針を遵守し、社内規定を定めます。
  • 当社の個人情報保護方針は、IT技術の動向を踏まえ、見直しと継続的改善に努めます。

本方針は、当社役員および従業員に周知されるとともに、ウェブサイトへの掲示などにより一般の方が入手しやすい形で開示します。重要な変更や改訂がある場合には、随時ホームページ等で変更内容をお知らせします。

株式会社ロックミー
代表取締役社長 小林宗織
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
株式会社ロックミー ご相談窓口
E-mail : toiawase@rockme.co.jp
特定商取引法に基づく表記
特定商取引法に基づく表記
販売事業者名
株式会社ロックミー
代表者
小林宗織
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
電話番号
03-6459-2693(代表)(受付時間:平日10:00~18:00)
メールアドレス
toiawase@rockme.co.jp
販売価格および決済方法について
各商品ごとに表示
返品
商品の性質上、ご入金後の返品・返金は致しかねます。あらかじめご了承ください。
BLOGS

コミュ障 vs ルフィ

2016.11.25

Yuske1

Rock Me!の小林宗織です。
漫画「ワンピース」で食べると特殊能力が身につく「悪魔の実」には「ゴムゴムの実」とか「グラグラの実」とか、たくさん種類があるんですが、自分が欲しいと思うのは「スケスケの実」だけです。

学生時代に初めて「ワンピース」を読んだとき、話は面白いんだけど主人公のルフィはいつも「ゴムゴムの~」ばかり言ってて、強いのか弱いのかいまいちはっきりしない。スカッとしない。

悟空にしても、ナルトにしても普通ヒーローは、たくさん修行して、スキルを積んで圧倒的に強くなって仲間たちを救います。

ルフィはそれまでのジャンプヒーローとちょっと違って、強いのか弱いのかよくわからない。
どちらかというと仲間に助けられてばっかり。
出会った人がみんなルフィ―を好きになるし、麦わら海賊団はまるで学生サークルのノリで騒がしい。

今から20年くらい前、学生当時の私はバイトして買ったガジェットが唯一の友達。
っていくらいの、いわゆる「コミュ障」タイプ。
サークルなんぞに属さず(せず)、学食も一度も足を踏み入れず、人と一対一で雑談もできず。
大学へ行ったら一番前で黙々とノートを取り、その後すぐバイトへ。
なるべくチャラそうな学生と接したくないと思って日々生きていたものです。
※この話してもあんまり信じてもらえないけど本当。

「いつかビルゲイツみたいなベンチャー企業家になりたい!」
とか大真面目に考えて(笑)。
経営、IT、英語の勉強。
この3つのことだけ没頭してました。
「自分のスキル」
意外にはまったく興味のない人でした。

そんな私はやっぱり、仲間の助けを借りてやっと勝つルフィが好きじゃなかった。
さらに
「ルフィみたいに会う人会う人友達になれるようなヤツがいるわけない。他力本願だし、実在しても自分は友達にはなりたくないなぁ。」
と思ってました。

 
でも大学を卒業して、
広い社会に出ていきなり、
ルフィに出会ってしまいました。
当時の自分には悪夢でした。

 

私の人生に現れた実写版のルフィは、ユースケといいます。
今日はそんな彼との新卒当時のエピソード。

初めてユースケに出会ったのは、ちょうど2000年ごろ。
まだギリギリ学生で、内定をもらった会社の内定者どうし集まって仲良くなる懇親会の席でした。
 
高層ビルの最上フロアにある、高級なレストラン。
たくさんの初対面の人たち。
意識の高そうに見える人たちがたくさん。
コミュ障な自分はそこから逃げ出したくて仕方なかった。
 
なんとかやり過ごしていたら、ユースケが
「先輩社員たちに来年配属になる新卒社員(自分たち)を知ってもらおう」
みたいなことを言い出しました。

 

内定者たちの自己紹介サイトや冊子を作って、先輩社員たちにみてもらおうということになり、自分は当時趣味レベルで掲示板プログラム(懐かしのBBSってやつ)くらいは書けたので、それを重宝されていつのまにかメンバーに巻き込まれていました。
そうして、ユースケと自分を含めた内定者4人で小さなプロジェクトに取り組むことになります。

打ち合わせのため、バイトの合間をぬって4人で定期的にファミレスに集まるわけです。

真剣な打ち合わせだろうと思い行ってみると、最初の50分、延々とユースケが世間話をするんです。(笑)

メンバーが
「じゃ、そろそろ本題に入ろうか」
と話を戻そうとしても、またすぐにユースケが世間話に脱線。
 
「わはは!わはは!」
 
とユースケを中心にずっと世間話で騒いで、いつも最後の10分くらいで
 
「じゃ、ムネ、サイトよろしく頼むわ!わはははは!!」
 
と話を強引にまとめて解散というパターン。

正直当時は内心
「何のために集まってんだこれ・・・」
と思っていました。

パソコンやガジェット以外、人間の友達はほとんどいなかった自分には、世間話のために集まるということがあまりにも無意味に思えて。

でも同時に、

「俺も社会人になるから、コミュ障をここで克服しないとヤバい。ユースケみたいなサークルっぽいノリの人も拒絶しないでうまくやっていくためには、ここで俺が変わらなければ。友達をまともに作れる、人生最後のチャンスかもしれない。」

とか当時は大まじめに考えて(笑)。

そのくらい当時の自分は、コミュ障のくせにプライドもやたら高く、自分の小さなスキルをベースにした根拠ない自信に満ちていました。

だから内心どっかで
「ユースケっていつも騒いでてコドモだなぁ」
くらいにちょっと上から目線でみていたと思う。

でもすぐに、その偏ったものの見方が
180度ひっくり返る出来事が起こります。

 

いざ、入社式が終わり、全国の新卒社員で山奥に合宿に行きました。
確か100人前後いたでしょうか。

100人が5つくらいのグループ分けられ、何日かかけて新規事業アイディアを考え、合宿最終日に代表者がプレゼン大会をすることに。

自分のいたグループは真面目というか、我の強い人が多く、議論が白熱しました。
メンバー同士が熱くなりすぎて、発表の数時間前まで感情的なディスりあいの喧嘩に発展。
グループとして何を発表するかの核もないまま、ムードはどんどん険悪になっていきました。

発表まで数時間と差し迫って、諦めモードのメンバー達から
「もう時間がないから、強引にまとめて発表しよう!」
という声が出るけど、誰もそんな状態で発表なんてしたくない。
最悪なパターンだけど、発表者はじゃんけんで決めることに。

こういう「引き」が強い自分がじゃんけんに負けてしまい、もう1人の女子と共同で発表することになります。(笑)
発表する内容がなにもない状態で、残されたあと数時間。

会社の人事やトレーナー、偉い人たちを含む100人以上の聴衆をまえにプレゼンをまともにこなさなければいけないというのは、コミュ障だった自分にはとんでもないプレッシャーでした。
心の底からガチガチになって。

一方、ユースケが所属していたグループを横目で見てみると、あのファミレスと全く同じ光景でした。
「わはは!わはは!」
とユースケを中心にずっと笑い話をしていて、仕事が進んでいる感じがまったくない。

それを
「やっぱユースケはサークルノリだなぁ。プレゼン大丈夫かな。」
とみていました。

 

さあいざ、プレゼンの時。

なんとなく、事業プランを突貫工事で作って、無理矢理、優等生なことを言ってる風にプレゼンをしました。

100人を前に何かプレゼンをするのは当時初めてでしたし、自分には本当にしんどいプレゼンでした。
何を言ったか覚えていないくらい、緊張したことを憶えてます。

案の定、発表が終わっても

「しーーーーーーーーーーーーーーーーん」

無反応(笑)。

あー、やっちゃったーーー
という感じ。

 

そして、ユースケの番が来ました。

なんと。

彼は、檀上でもファミレスのままでした。

「わはは!わはは!」

と笑いながら、
ファミレスの打ち合わせの空気と変わらず話を繰り広げていきました。

すると不思議なことに、彼が何かを言うたびに会場にどっと笑いが起こります。

別にスティーブジョブスみたいなスマートなプレゼンでも何でもないのに。

彼の発表は
「至宝大学(しほうだいがく)」
という何でもヤリホーダイな大学を作ろうぜみたいなちょっとふざけた内容。
これすらサークルノリですw。
 
でもなぜか、みんな釘づけ。
 
「今俺が見てるこれは何だろう?・・・」
と思ってみていました。
自分の辞書になさすぎて。

 

発表してる事業プランはおなじ突貫工事で作った感満載。
パワーポイントもお世辞にもキレイではない。
正直、単なる学生ノリのふざけたプレゼンにしか見えない。

なのに。

自分のプレゼンとは真逆に、みんながユースケの話をキラキラした目で聞いていました。

そして全グループのプレゼンが終わり、ユースケが大賞に選ばれました。

 

後日、ユースケに聞きました。

「ずっとふざけてて、どうして大賞とれるの?」

すると彼は言いました。

「プレゼンなんてテキトーだよ。俺は合宿の3日間の間に全国の同期全員の名前を憶えようとしてただけ。」
と。

 

そのときやっと、ユースケが
「コミュニケーションのバケモノ」
なのだと気がつきました。

自分が

「今年の新卒は優秀だぞ」

と思ってもらえる、
優等生なプレゼンをしなきゃ…
自分のスキルを見せつけなきゃ…
と必死だった時に、ユースケは、

「同期100人全員としゃべって仲良くなる」

を自ら目標に設定していました。

合宿の間中ずっと
「わはは!」「わはは!」
と初対面の人たちと会話のキャッチボールをしていきました。
私の大嫌いだったサークルノリで。

結果、プレゼンまでに彼は全員と会話して顔と名前を覚えていました。

結果、彼のプレゼン資料は見た目ハリボテ感が満載でしたが、メンバーみんなの助けで出来上がっていました。

結果、プレゼンを観ている100人にとって、小林宗織はまったくの「他人」でしたが、ユースケは既に「仲間」でした。

知らぬ間にユースケは勝負の土俵を全く別次元に持ち込んでいたわけ。

自分は飛び出た能力を持ってなくても、仲間の能力を引っ張りだすことで窮地を乗り越えていく。
彼と話した人は不思議と彼に協力したくなる。

完全に実写版のルフィじゃねぇか。

 

同時に、自分に大きな何かが欠けているということにも気が付かされたわけです。

コミュニケーションというのは、自分が誰なのかを相手に知ってもらうのを前提としたり、聞いてくれるのを待っていてはダメで、誰かに自分を知ってもらいたければ、まずとにかく「相手のことを知ろうとする」ことから始まるということ。

そういう目に見えない何かを乗り越えた時に、やっと相手と自分との間に関係構築のベースができること。
相手が話を聞いてくれようとすること。

自分が目指すべき目標は、組織や誰かに決めてもらうのではなく、最後は自分で作るべきこと。(→100人の名前覚える)

そして、チームでの仕事は、ひとりひとりの能力よりも「ムード」が全体のパフォーマンスにデカく影響するということ。

などなど。
そんな当たり前のことがわかっていなかったのコミュ障が、ルフィに勝てるわけがないじゃないか!

「自分のスキル」
しか信じず、それを拠り所にしていた井の中の蛙にとって、全く違う価値観とその大きさを見せつけられたんです。

そして何より、ユースケがいたおかげで、自分と180度価値観が違う人が近くにいることの大切さを知りました。
自分と考えが違う人を遠ざけることは、自分の可能性を小さくしてしまうだけだということを。

コミュ障 vs ルフィ 
の勝敗は明らかだったのですが、あの時じゃんけんに負けてボロボロのプレゼンをしたことは、実は自分の人生でかなりの幸運だったと思っています。
あの時、じゃんけんに負けたおかげで、苦手だったユースケを心から尊敬できるようになり、公私ともに何でも相談できる仲になりました。
彼といると相変わらず雑談ばっかりです。
でも今は私も一緒に笑えています。
 
「わはは! わはは!」と。
 

その後、「人」に興味関心の強かったユースケは
「人のキャリア設計に関わる仕事をしたい」
とリクルートに転職し、たくさんの試練をくぐり抜けたうえで、人材採用・教育のプロとしてコンサルティング会社を立ち上げました。

そして最近、
「どのベンチャー経営者もヒトに一番悩んでる」
ということに着目して、彼の人材採用に関するノウハウを詰め込んだ本を書きました。

yuskebook『いい人材が集まる、性格のいい会社』

原稿の段階で何度も読ませてもらっていますが、特に採用に苦戦している中小経営者やベンチャー経営者にはヒラメキを与えてくれるエッセンスが詰まっています。
「いい人が見つからない」とか
「ウチみたいな小さな会社にいい人材は来てくれない」とか
考えてしまいがちな(私を含む)経営者のみなさん、是非、ポチってみてください。
採用に試行錯誤しているベンチャーもたくさん取材していて、事例が豊富なので本当にオススメです。

ちなみに、当時のユースケはこんな↓野心に満ちた顔をしていました。若けぇ。

ちなみにこれ↓は当時の小林ムネです。

新卒なのに同期からは初対面で「パパ」と呼ばれました。

 
以上、コミュ障克服のキッカケをくれた友人とのエピソードでした。

でわまたこんど。

小林宗織

Pocket

この記事をかいた人

  • MUNEORI
  • ロックミー代表。小林宗織(ムネオリ)。通称宗さん。23区内ながら湧水とダイコン畑だらけの秘境「練馬区大泉」に生まれ育つ。ばあちゃん子。近所に不発弾が出たとき、ヒィばあちゃんを置いて逃げたことが人生唯一の後悔。酔った勢いでテレビ通販のグッズを買ってしまう。オークション詐欺にもあうほど騙されやすい。趣味はとにかく(ひとり)旅。好きなのは昭和の香り残る場所と人。長所・短所は好奇心旺盛すぎること。最近の興味関心は仏教とファンタジーと夢。 ノーファンタジー・ノーライフ。 小林の書いた記事の一覧はこちら

関連記事

  • 2016.05.04
  • 2016.09.30
  • 2016.06.08