Rock Me!
株式会社ロックミー個人情報保護方針
個人情報保護方針 2010年9月1日制定
個人情報保護方針について
株式会社ロックミーは、お客様に安心して当社サービスをご利用いただくため、個人情報保護体制の運営維持に努めてまいります。
個人情報の利用目的
当社は取得、収集した個人情報(氏名、性別、住所、生年月日、メールアドレス、当社サービスの利用内容等個人に関しての情報)を、以下の目的で利用するものとします。

  • 情報提供、サービス提供
  • お問い合わせに対する回答、アフターサービス
  • 商品の発送、資料等の送付
  • 当社及び第三者よりの商品、サービスのご案内、勧誘
  • マーケティング調査、分析
  • 他、各サービス個別に定める目的のため
個人情報の利用範囲
当社が収集する個人情報は、当社が業務上必要な場合、もしくは各種サービス提供に必要な場合にご提供をお願いしています。ご提供いただいた個人情報は利用目的の範囲内で利用することとし、ご本人の同意なくそれ以外の目的で利用することはありません。

収集した個人情報について、個人が識別特定されることがない範囲で、サービス向上や品質改善、第三者への公表のための統計資料作成に利用することがあります。
個人情報の保護
当社保有の個人情報について、最新の状態に保ち、不正アクセス、紛失、改ざん、漏えい等のリスクを認識し、当社が可能な発生予防措置や是正措置を講じます。
個人情報の提供
当社は、お客様の個人情報をあらかじめお客様の同意を得ることなく第三者に提供、開示することはありません。当社の業務委託企業においても、個人情報は当個人情報保護方針に基づいて厳格に管理されるよう措置を講じます。ただし、次のような場合においては、個人情報を提供することがあります。

  • 法令に基づく場合、法的手続に基づき提供を求められた場合
  • 第三者の生命、身体、財産保護のため必要である場合
外部委託先の個人情報取扱い
当社は外部委託先に、サービス運営、労務管理や郵送物の発送、システムの開発、保守、改修、注文処理、資料配送及び代金決済などを目的とし、個人情報を委託する場合があります。
その場合、当社の定める個人情報管理水準と同等の水準で個人情報の厳重な管理を徹底するよう、契約により義務付け、適切な監督を行います。
個人情報の開示
お客様ご本人から求めがあった場合、当社保有の開示対象個人情報の開示、内容の訂正、追加または削除、利用停止、消去、第三者への提供の停止に応じます。ご相談窓口までお問い合わせください。
個人情報提供の任意性
お客様が自身の個人情報を当社へ提供するか否かは、お客様自身の判断に基づきます。個人情報を提供しないと判断された場合、当社の運営するサービスが利用できない場合がありますので、ご了承ください。お客様の提供した個人情報の記入間違い、不備等がある場合、当社運営のサービスが当社の意図するものとならない場合がございますので、ご了承ください。
その他個人情報の取得について
当社は、サービス品質向上のため、または品質改善につながる統計情報を作成するため、クッキーやビーコンといったウェブ技術を使用して蓄積した情報と、当社保有のお客様の個人情報とをひもづけて記録する場合があります。ウェブブラウザ等の個別設定によりクッキーやビーコン等の機能を停止できる場合がありますが、その場合は当社サービスが利用できない場合がありますのでご了承ください。
個人情報の安全管理
当社は個人情報の改ざん、漏洩、紛失等、お客様の個人情報に関するリスクに対して合理的かつ適切な安全対策を講じていますが、インターネットや電子メールの性質上、個人情報に関するリスクを当社が完全に保証することはできません。

当社運営のサービスにおける個人情報の開示、漏洩等によってお客様本人、会員または第三者に生じた損害について、当社に故意または重度の過失がある場合を除いては、一切の責任を負いません。

当社の運営するサービス以外で、インターネット上で自発的に個人情報を開示した場合、その情報は他の利用者によって収集される可能性があることにご注意下さい。当社運営のサービスには、他のウェブサイトへのリンクが含まれていることがありますが、当社は他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護については一切責任を負いません。お客様は、当社運営のサービスから他のウェブサイトにいつ移ったかを常に認識し、自身の個人情報を提供する際は、自身の責任を持って他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護方針をお読みになられるようお願いいたします。
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
株式会社ロックミーは自社運営のサービスやアプリケーションを提供するにあたり、お客様に満足いただけるサービス品質の実現、提供を目指しています。そのために取得したお客様の個人情報を以下の個人情報保護方針に基づき、安全かつ適正に管理することをお約束します。

  • 当社は個人情報の取得時、その取得目的・利用範囲を明らかにし、目的の範囲内で安全かつ適切に取扱います。
  • 原則、お客様の個人情報をお客様の同意なく外部提供することはありません。ただし、公的な機関からの要請に対しては提供することがあります。
  • 外部委託先へ業務を委託する場合、秘密保持契約の締結によって個人情報の保護を担保します。
  • 当社は個人情報に関する個人の権利を尊重します。個人情報に関する苦情、相談、開示、訂正、削除、更新その他のお問い合わせに対して、合理的期間、妥当な範囲でこれに応じます。
  • 当社は個人情報への不正アクセスまたは個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどのリスクに対し、合理的な安全対策を講じます。
  • 当社は個人情報保護に関する法令、国が定める指針を遵守し、社内規定を定めます。
  • 当社の個人情報保護方針は、IT技術の動向を踏まえ、見直しと継続的改善に努めます。

本方針は、当社役員および従業員に周知されるとともに、ウェブサイトへの掲示などにより一般の方が入手しやすい形で開示します。重要な変更や改訂がある場合には、随時ホームページ等で変更内容をお知らせします。

株式会社ロックミー
代表取締役社長 小林宗織
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
株式会社ロックミー ご相談窓口
E-mail : toiawase@rockme.co.jp
特定商取引法に基づく表記
特定商取引法に基づく表記
販売事業者名
株式会社ロックミー
代表者
小林宗織
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
電話番号
03-6459-2693(代表)(受付時間:平日10:00~18:00)
メールアドレス
toiawase@rockme.co.jp
販売価格および決済方法について
各商品ごとに表示
返品
商品の性質上、ご入金後の返品・返金は致しかねます。あらかじめご了承ください。
BLOGS

共感と理解

こんにちは!
おやつはレタスのMooです。

突然ですが、みなさんは
「一流(のモノ、企業etc)といえば?」
と言われたときに何を思い出しますか?
先日、社長に「一流と三流について考えてみよう」というワークショップをひらいていただきました。
そのワークショップの中で私たちはどんな「一流と三流」があるか自分なりに考え、
ディスカッションしました。

一流の美術館と、そうでない美術館。
一流の車と、そうでない車。
一流のギターと、そうでないギター……。

全然関係ないようですが、一流と呼ばれる人たちには共通する部分がありました。
さらにそこから、「私たちはお客様に何を求められているのか考えよう」というところで、
続きは来週に!と宿題になりました。
さて、
今日は宿題の話は一度置いておきまして。
私が「一流探し」をしていたときに一瞬頭によぎったことと、
そこから派生して考えたことを話そうと思います。
(「一流とは?」という話とはかけ離れてしまうのであしからず!)

私が思い浮かべたいろんな「一流の○○」のなかに一つ、
一流の‟修行僧”が出てきました(笑)
(最初に言っておきますが、
特定の宗教や修行方法を批判するつもりは一切ありません)
少し前に読んだ手塚治虫さんの「ブッダ」に出てきた「一流の修行僧」を思い出したんです。
(作中では、「一流の修行僧」と呼ばれてるけど本当は一流じゃなかった、という話でした)

旅の道中ブッダが出逢った「一流の修行僧」は
貧しい人を思い浮かべながら断食したり体に痛みを与えたりあらゆる苦行をし、
ずーーーーーっと瞑想したりしながら精神力を鍛え、
時には悩める人々の相談に乗っていました。
これを読んでいるときに思ったんですが、
‟果たして、望んで断食をしている人に
食べたくても食べられない人の気持ちがわかるんだろうか?”
ということです。

空腹感は共感できても
空腹感からくる怒りや悲しみ、惨めさ……そんなのはわからないんじゃないかなぁと思うのです。
私が修行僧だったとして断食をしていてつらかったとしても頑張って耐えますが、
私が貧しくて食べるものがなかったら、私は強奪してしまうかもしれません。
「あと何日したら食べられる」「これが終われば食べられる」という心のよりどころがないからです。
安全なところにいながら同じような経験をした修行僧に
「わかるよ、つらいよね。」と言われたら
私は「何がわかるっていうんだ!」と怒ってしまうだろうなぁ、と思います。
私が今している仕事は、悩んでいる人の気持ちを考えて、
その気持ちに寄り添うような言葉を32文字のコピーにする仕事なんですが、

下手したらその修行僧みたくなってしまうなーと思いました。

わたくしめもそれなりに恋などしてきたので
・あんまり話したことないような人を好きになってしまった
・もう少しで付き合えそうなのに付き合えない
・彼女がいる人を好きになってしまった
・好きな人がいるわけじゃないけどとにかく彼氏ほしい
などなど、
自分が経験したことは言葉にしやすいです。

でも、自分が経験したことのないパターンの恋愛や悩みは想像することしかできず
やはり言葉にするのにも苦労します。

そんなときはそういった思いをかかえている方のブログを読んだり、
歌詞を読んだり、映画を見たり、本を読んだり……いろいろ参考にします。
私は映画やドラマとかを見ると感情移入しやすいタイプなので疑似体験することで
その気持ちに寄り添う言葉が思い浮かんだりします。
でも最初の頃は自分の中にある経験と「近いもの」で代用しようとして
結局自分の中から出ることができずに苦労しました。

例えば最近した失敗だと、「オトナ婚」です。

何がダメかわかりますか?
ちなみに私は、少し歳を重ねてから結婚しようとしている方たちは
「高齢結婚」といった言葉に抵抗があるだろうと考え、
「オトナ婚」といえば抵抗が薄れていいかなと思ってこの言葉をチョイスしました。

でもこれ、かえって失礼なんですよね。

『「高齢結婚」といった言葉に抵抗があるだろうと考え』この気遣いが失礼(笑)
私27歳なんですが、なりしまさんに
「『27で未婚でも‟最近では”普通よね』って言われた嫌でしょう?」と言われました。

い や だ !
「最近では普通」に含まれた「だけど、一昔前じゃ行き遅れよね」というメッセージが見え、
途端に我ながら「オトナ婚」が腹立たしく聞こえてきました(笑)

そんなに結婚を焦っておらず、まだ20代(ギリ)の私はそこまで考えが及びませんでした。
そもそもそんなに結婚を焦ってない私が
「結婚したい」とふわっと思っていたときの感情だけを頼りに作り上げたために
こんな失敗をしました。

「そのうち結婚できる」という安全地帯から「結婚したいと思ったことある」という
プチ空腹経験だけで「わかるよ。結婚したいよね。」と言っていたわけです。
とはいえ、経験したことのあるジャンルしかやらないというわけにはいきません。
その経験を埋めるのが私の場合、ブログだったり映画だったり歌詞だったり本だったり……。
「人の経験」です。
さっきの修行僧が森とかで断食するのではなく
すべてを捨てて、貧困した人たちと一緒に暮らしていれば「わかるよ」の説得力も増すと思うんですよね。
まったく一緒の気持ちというわけではないけれど、限りなく近づいたような気がするんです。

そんな感じで、ブログや映画などを感情移入して読むことで
出来る限りその気持ちに近づき、悲しんだり苦しんだりする。
そうやって経験したことのない気持ちに触れます。

あなたはどんな恋愛をしてきましたか?
例えば恋人をとられるとか、経験したことのない悩みを想像してみて
その後に本とか読んでみてください。

きっと思いもしなかった感情を見つけられるはずです。

Pocket

この記事をかいた人

  • Moo
  • アシスタント・ディレクター。高校生の時はわりと本気で忍者になりたかった。でも、魔女にもなりたかったし、お殿様にもなりたかった。空想と現実の間を生きていた。大学ではその想像力を発揮してサンバサークルで衣装作りに励む。その後小売業界に入るもファンタジーが恋しくなり転職、現在に至る。今は切ない恋について考えている。

関連記事