Rock Me!
株式会社ロックミー個人情報保護方針
個人情報保護方針 2010年9月1日制定
個人情報保護方針について
株式会社ロックミーは、お客様に安心して当社サービスをご利用いただくため、個人情報保護体制の運営維持に努めてまいります。
個人情報の利用目的
当社は取得、収集した個人情報(氏名、性別、住所、生年月日、メールアドレス、当社サービスの利用内容等個人に関しての情報)を、以下の目的で利用するものとします。

  • 情報提供、サービス提供
  • お問い合わせに対する回答、アフターサービス
  • 商品の発送、資料等の送付
  • 当社及び第三者よりの商品、サービスのご案内、勧誘
  • マーケティング調査、分析
  • 他、各サービス個別に定める目的のため
個人情報の利用範囲
当社が収集する個人情報は、当社が業務上必要な場合、もしくは各種サービス提供に必要な場合にご提供をお願いしています。ご提供いただいた個人情報は利用目的の範囲内で利用することとし、ご本人の同意なくそれ以外の目的で利用することはありません。

収集した個人情報について、個人が識別特定されることがない範囲で、サービス向上や品質改善、第三者への公表のための統計資料作成に利用することがあります。
個人情報の保護
当社保有の個人情報について、最新の状態に保ち、不正アクセス、紛失、改ざん、漏えい等のリスクを認識し、当社が可能な発生予防措置や是正措置を講じます。
個人情報の提供
当社は、お客様の個人情報をあらかじめお客様の同意を得ることなく第三者に提供、開示することはありません。当社の業務委託企業においても、個人情報は当個人情報保護方針に基づいて厳格に管理されるよう措置を講じます。ただし、次のような場合においては、個人情報を提供することがあります。

  • 法令に基づく場合、法的手続に基づき提供を求められた場合
  • 第三者の生命、身体、財産保護のため必要である場合
外部委託先の個人情報取扱い
当社は外部委託先に、サービス運営、労務管理や郵送物の発送、システムの開発、保守、改修、注文処理、資料配送及び代金決済などを目的とし、個人情報を委託する場合があります。
その場合、当社の定める個人情報管理水準と同等の水準で個人情報の厳重な管理を徹底するよう、契約により義務付け、適切な監督を行います。
個人情報の開示
お客様ご本人から求めがあった場合、当社保有の開示対象個人情報の開示、内容の訂正、追加または削除、利用停止、消去、第三者への提供の停止に応じます。ご相談窓口までお問い合わせください。
個人情報提供の任意性
お客様が自身の個人情報を当社へ提供するか否かは、お客様自身の判断に基づきます。個人情報を提供しないと判断された場合、当社の運営するサービスが利用できない場合がありますので、ご了承ください。お客様の提供した個人情報の記入間違い、不備等がある場合、当社運営のサービスが当社の意図するものとならない場合がございますので、ご了承ください。
その他個人情報の取得について
当社は、サービス品質向上のため、または品質改善につながる統計情報を作成するため、クッキーやビーコンといったウェブ技術を使用して蓄積した情報と、当社保有のお客様の個人情報とをひもづけて記録する場合があります。ウェブブラウザ等の個別設定によりクッキーやビーコン等の機能を停止できる場合がありますが、その場合は当社サービスが利用できない場合がありますのでご了承ください。
個人情報の安全管理
当社は個人情報の改ざん、漏洩、紛失等、お客様の個人情報に関するリスクに対して合理的かつ適切な安全対策を講じていますが、インターネットや電子メールの性質上、個人情報に関するリスクを当社が完全に保証することはできません。

当社運営のサービスにおける個人情報の開示、漏洩等によってお客様本人、会員または第三者に生じた損害について、当社に故意または重度の過失がある場合を除いては、一切の責任を負いません。

当社の運営するサービス以外で、インターネット上で自発的に個人情報を開示した場合、その情報は他の利用者によって収集される可能性があることにご注意下さい。当社運営のサービスには、他のウェブサイトへのリンクが含まれていることがありますが、当社は他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護については一切責任を負いません。お客様は、当社運営のサービスから他のウェブサイトにいつ移ったかを常に認識し、自身の個人情報を提供する際は、自身の責任を持って他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護方針をお読みになられるようお願いいたします。
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
株式会社ロックミーは自社運営のサービスやアプリケーションを提供するにあたり、お客様に満足いただけるサービス品質の実現、提供を目指しています。そのために取得したお客様の個人情報を以下の個人情報保護方針に基づき、安全かつ適正に管理することをお約束します。

  • 当社は個人情報の取得時、その取得目的・利用範囲を明らかにし、目的の範囲内で安全かつ適切に取扱います。
  • 原則、お客様の個人情報をお客様の同意なく外部提供することはありません。ただし、公的な機関からの要請に対しては提供することがあります。
  • 外部委託先へ業務を委託する場合、秘密保持契約の締結によって個人情報の保護を担保します。
  • 当社は個人情報に関する個人の権利を尊重します。個人情報に関する苦情、相談、開示、訂正、削除、更新その他のお問い合わせに対して、合理的期間、妥当な範囲でこれに応じます。
  • 当社は個人情報への不正アクセスまたは個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどのリスクに対し、合理的な安全対策を講じます。
  • 当社は個人情報保護に関する法令、国が定める指針を遵守し、社内規定を定めます。
  • 当社の個人情報保護方針は、IT技術の動向を踏まえ、見直しと継続的改善に努めます。

本方針は、当社役員および従業員に周知されるとともに、ウェブサイトへの掲示などにより一般の方が入手しやすい形で開示します。重要な変更や改訂がある場合には、随時ホームページ等で変更内容をお知らせします。

株式会社ロックミー
代表取締役社長 小林宗織
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
株式会社ロックミー ご相談窓口
E-mail : toiawase@rockme.co.jp
特定商取引法に基づく表記
特定商取引法に基づく表記
販売事業者名
株式会社ロックミー
代表者
小林宗織
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
電話番号
03-6459-2693(代表)(受付時間:平日10:00~18:00)
メールアドレス
toiawase@rockme.co.jp
販売価格および決済方法について
各商品ごとに表示
返品
商品の性質上、ご入金後の返品・返金は致しかねます。あらかじめご了承ください。
BLOGS

レールを外れる勇気

2016.11.09

こんにちは。ロックミーの小林宗織です。

電通で働く若い女性が、激務で過労の末に自ら命を絶ってしまったっていうニュース。
そのタイミングである大学教授が
「残業100時間で自殺なんて情けない」
みたいな発言をFacebookでしたらしく、時代錯誤もいいところだとネット上で叩かれまくりでした。(http://matome.naver.jp/odai/2147589075970863601)

個人的に、この教授のような価値観の人たちは自分世代から上にたくさんいるし、そういう価値観の人を否定しない。
理由を一言で言えば、自分はこの世代の先輩方のガムシャラをベースにした社会から恩恵をたくさん受けて生きてきたから。でもこれからの社会はこのガムシャラをベースにしちゃいかんと思うわけです。

事実として日本はこういうガムシャラの価値観を「常識」として何十年とドライブしてきた国。
(男が)寝る間を惜しんで働いて出世して、家庭を養って、ローンを背負って家を買って、車を買ってっていうのを国が推奨したわけですから。
国が作った壮大な歯車がうまく動いて、結果、国は奇跡の経済復興を遂げた。
その何十年の間に「仕事に身をささげて、出世できる人が価値が高い」という空気が生まれてしまったんだと思う。
残業なんて「俺今月残業200時間オーバーだぜ」とか自慢げに話す人もつい昔にはいっぱいいた。
見返りでマイホームを持ったり、高級な外車に乗ったり、海外旅行したり、ブランドを身に着けることでみんな満足した。
みんなその満足感が「幸せ」なんだろうと錯覚したり、自己暗示をかけたりしてたと思う。
それを「人生の成功」と定義して、したくもない暗記勉強をしまくってちょっとでも近道になりそうなハイブランドな大学を目指した。
やりたくないことでもストレスに耐えて、我慢してればなんとか手に入る時代。
我慢して、経済的に豊かになって、物欲などが満たされているうちはそれでよかったのだけど、バブルがはじけて、頑張っても頑張っても昔のような「目に見える幸せ」が得られなくなってくる。
そして、家も車もテレビもパソコンも携帯もみんながもう持ってる。自分だけが特別だという優越感が得られない。
そしてさらに、これ以上「欲しい」と思えるものがない。
国民みんなが経済に身をささげてやってきて、目に見える幸せはたくさん手に入れたけど、何か満たされない。
がむしゃらに働いていたのに、気が付くと家庭に自分の居場所がなくなっていたりする。
これまで信じた価値観が揺らぐ。
そうなってやっと「実は目に見えない幸せのほうが大切じゃね?」ってことに気付き始める。
これまで半世紀以上、日本を形作ってた価値観が大きく、シフトする時代。

「目に見える幸せのために働く時代」
から
「目に見えない幸せを重視して働く時代」に。

いま世の中にある会社のほとんどは、「目に見える幸せ」を最大化するために設計されている会社だと思うけど、センスのある会社は「目に見ない幸せ」をちゃんと視野に入れて、人事制度とか改革してる。
実際、ワークライフバランスとかいう横文字使う人たちはそれを啓蒙してるんだと思う。

「目に見える幸せ」を前提にガムシャラに生きてきた人だらけの会社に、「目に見えない幸せ」を重視する世代がどわーっと流れこんでくる。
だから当然、今は会社の現場で大きな摩擦がおきてくる。
「ストレスに耐える」ことで「目に見える幸せ」を手に入れた我々の世代からは、「ガツガツ感が足りない」とか「ストレスに弱い」とか若い世代がそんなふうに映る。
だからこういう教授のような人が出てくるのは必然と思う。彼の世代ではその価値観が正義なんだから。
この事件はそういう世代間摩擦を象徴したと思う。
前置きがすごい長いけど、ここからが言いたいことです。

女性が遺したといわれるツイッターをみて、個人的に想ったことを正直に言うと、
「彼女、本当に電通で働きたかったのかな・・・」
ということに尽きる。
彼女の遺したツイートは仕事や人間関係のストレスにまみれた言葉はあれど、仕事を楽しんだり、充実していた形跡がみれなかったことが一番悲しい。

電通といえば、あの「鬼十則(http://dokugaku.info/dentuu/001dentuu.htm)」の会社。
世の中的にいう「激務」を期待される環境であることすら知らなかったようにも見えてしまう。
いろんなミスマッチが同時多発している気がしてならない。
今の社会の仕組みでは「犯人は電通」となるんだろうし、労災認定されていたけど、命を絶つに至るにはツイートだけじゃ判断できないいろんな要因が複雑に絡んでいると思う。
ネットで電通や空気の読めない教授を叩いたところで、前向きな解決にならない。
似たようなことは日本中ですでにたくさん起きているだろうし、今後も起きるでしょ。
根が真面目で頭が良いうえに、相当の努力をしないと、東大や京大は入れないと聞く。
苦労して名門大学に入ったとしても、こういう国にとっての宝みたいな若者たちが、今の社会構造だと活躍しにくいんじゃないの?と思った。

「偏差値の高い大学を目指して、有名大企業企業に行くもの」

みたいなレール至上の社会と前時代的な価値観をそろそろちゃんと否定したほうがいいと思う。

これはみんなが「目に見える幸せ」を得るために生み出された仕組みだと思う。
そもそもで、学生にとっての「良い企業」かどうかを大学や社会が決めてるのが一番おかしいと思ってしまう。
「自分が何をしているときが幸せなのか」
「どんな事ならずっと勉強し続けても苦にならないか」
「社会に役立ってると感じられるものは何か」

就職活動やインターンシップはそれをみつけるためにあるべきでしょう。
それがうまくいって、良い会社とご縁があれば仕事も「目に見えない幸せ」の一部になりえると思うんだよ。
それを知らないでストレスにだけまみれる人生はちともったいない。
だから、若い人たちが「レールを外れる勇気」を持つことを歓迎する社会をつくっていかねばならんと思うんだよね。

自分なんぞにできることは少ないですが、これからちょっとずつ「レールを外れるための啓蒙活動」ができたらいいなと考えてます。

Pocket

この記事をかいた人

  • MUNEORI
  • ロックミー代表。小林宗織(ムネオリ)。通称宗さん。23区内ながら湧水とダイコン畑だらけの秘境「練馬区大泉」に生まれ育つ。ばあちゃん子。近所に不発弾が出たとき、ヒィばあちゃんを置いて逃げたことが人生唯一の後悔。酔った勢いでテレビ通販のグッズを買ってしまう。オークション詐欺にもあうほど騙されやすい。趣味はとにかく(ひとり)旅。好きなのは昭和の香り残る場所と人。長所・短所は好奇心旺盛すぎること。最近の興味関心は仏教とファンタジーと夢。 ノーファンタジー・ノーライフ。 小林の書いた記事の一覧はこちら

関連記事

  • 2011.03.31 , 
  • 2011.03.07
  • 2011.03.08