Rock Me!
株式会社ロックミー個人情報保護方針
個人情報保護方針 2010年9月1日制定
個人情報保護方針について
株式会社ロックミーは、お客様に安心して当社サービスをご利用いただくため、個人情報保護体制の運営維持に努めてまいります。
個人情報の利用目的
当社は取得、収集した個人情報(氏名、性別、住所、生年月日、メールアドレス、当社サービスの利用内容等個人に関しての情報)を、以下の目的で利用するものとします。

  • 情報提供、サービス提供
  • お問い合わせに対する回答、アフターサービス
  • 商品の発送、資料等の送付
  • 当社及び第三者よりの商品、サービスのご案内、勧誘
  • マーケティング調査、分析
  • 他、各サービス個別に定める目的のため
個人情報の利用範囲
当社が収集する個人情報は、当社が業務上必要な場合、もしくは各種サービス提供に必要な場合にご提供をお願いしています。ご提供いただいた個人情報は利用目的の範囲内で利用することとし、ご本人の同意なくそれ以外の目的で利用することはありません。

収集した個人情報について、個人が識別特定されることがない範囲で、サービス向上や品質改善、第三者への公表のための統計資料作成に利用することがあります。
個人情報の保護
当社保有の個人情報について、最新の状態に保ち、不正アクセス、紛失、改ざん、漏えい等のリスクを認識し、当社が可能な発生予防措置や是正措置を講じます。
個人情報の提供
当社は、お客様の個人情報をあらかじめお客様の同意を得ることなく第三者に提供、開示することはありません。当社の業務委託企業においても、個人情報は当個人情報保護方針に基づいて厳格に管理されるよう措置を講じます。ただし、次のような場合においては、個人情報を提供することがあります。

  • 法令に基づく場合、法的手続に基づき提供を求められた場合
  • 第三者の生命、身体、財産保護のため必要である場合
外部委託先の個人情報取扱い
当社は外部委託先に、サービス運営、労務管理や郵送物の発送、システムの開発、保守、改修、注文処理、資料配送及び代金決済などを目的とし、個人情報を委託する場合があります。
その場合、当社の定める個人情報管理水準と同等の水準で個人情報の厳重な管理を徹底するよう、契約により義務付け、適切な監督を行います。
個人情報の開示
お客様ご本人から求めがあった場合、当社保有の開示対象個人情報の開示、内容の訂正、追加または削除、利用停止、消去、第三者への提供の停止に応じます。ご相談窓口までお問い合わせください。
個人情報提供の任意性
お客様が自身の個人情報を当社へ提供するか否かは、お客様自身の判断に基づきます。個人情報を提供しないと判断された場合、当社の運営するサービスが利用できない場合がありますので、ご了承ください。お客様の提供した個人情報の記入間違い、不備等がある場合、当社運営のサービスが当社の意図するものとならない場合がございますので、ご了承ください。
その他個人情報の取得について
当社は、サービス品質向上のため、または品質改善につながる統計情報を作成するため、クッキーやビーコンといったウェブ技術を使用して蓄積した情報と、当社保有のお客様の個人情報とをひもづけて記録する場合があります。ウェブブラウザ等の個別設定によりクッキーやビーコン等の機能を停止できる場合がありますが、その場合は当社サービスが利用できない場合がありますのでご了承ください。
個人情報の安全管理
当社は個人情報の改ざん、漏洩、紛失等、お客様の個人情報に関するリスクに対して合理的かつ適切な安全対策を講じていますが、インターネットや電子メールの性質上、個人情報に関するリスクを当社が完全に保証することはできません。

当社運営のサービスにおける個人情報の開示、漏洩等によってお客様本人、会員または第三者に生じた損害について、当社に故意または重度の過失がある場合を除いては、一切の責任を負いません。

当社の運営するサービス以外で、インターネット上で自発的に個人情報を開示した場合、その情報は他の利用者によって収集される可能性があることにご注意下さい。当社運営のサービスには、他のウェブサイトへのリンクが含まれていることがありますが、当社は他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護については一切責任を負いません。お客様は、当社運営のサービスから他のウェブサイトにいつ移ったかを常に認識し、自身の個人情報を提供する際は、自身の責任を持って他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護方針をお読みになられるようお願いいたします。
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
株式会社ロックミーは自社運営のサービスやアプリケーションを提供するにあたり、お客様に満足いただけるサービス品質の実現、提供を目指しています。そのために取得したお客様の個人情報を以下の個人情報保護方針に基づき、安全かつ適正に管理することをお約束します。

  • 当社は個人情報の取得時、その取得目的・利用範囲を明らかにし、目的の範囲内で安全かつ適切に取扱います。
  • 原則、お客様の個人情報をお客様の同意なく外部提供することはありません。ただし、公的な機関からの要請に対しては提供することがあります。
  • 外部委託先へ業務を委託する場合、秘密保持契約の締結によって個人情報の保護を担保します。
  • 当社は個人情報に関する個人の権利を尊重します。個人情報に関する苦情、相談、開示、訂正、削除、更新その他のお問い合わせに対して、合理的期間、妥当な範囲でこれに応じます。
  • 当社は個人情報への不正アクセスまたは個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどのリスクに対し、合理的な安全対策を講じます。
  • 当社は個人情報保護に関する法令、国が定める指針を遵守し、社内規定を定めます。
  • 当社の個人情報保護方針は、IT技術の動向を踏まえ、見直しと継続的改善に努めます。

本方針は、当社役員および従業員に周知されるとともに、ウェブサイトへの掲示などにより一般の方が入手しやすい形で開示します。重要な変更や改訂がある場合には、随時ホームページ等で変更内容をお知らせします。

株式会社ロックミー
代表取締役社長 小林宗織
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
株式会社ロックミー ご相談窓口
E-mail : toiawase@rockme.co.jp
特定商取引法に基づく表記
特定商取引法に基づく表記
販売事業者名
株式会社ロックミー
代表者
小林宗織
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
電話番号
03-6459-2693(代表)(受付時間:平日10:00~18:00)
メールアドレス
toiawase@rockme.co.jp
販売価格および決済方法について
各商品ごとに表示
返品
商品の性質上、ご入金後の返品・返金は致しかねます。あらかじめご了承ください。
BLOGS

『薬が届かないところに。』

2016.04.15

こんにちは。Rock Me!の小林です。

今日は自分の心に残っている、エピソードをお話します。

それは2004年ごろ、私がまだITディレクター修業の真っ最中のときのことです。

私は当時ベルシステム24という(コールセンター事業で有名な)大きな会社に在籍していて、「新宿の母」というガラケー&パソコン向けの占いコンテンツを企画して立ち上げました。

幸いそのコンテンツは立ち上げた後を受け継いでくださった敏腕プロデューサ、田中昌明さんを中心としたチームの尽力もあり、有料会員数10万人超を長年にわたって維持するヒットコンテンツとなり、その部署を支えるドル箱コンテンツとなりました。

「新宿の母」は上長の助けを一切借りずに私がゼロから企画を起こしてディレクションしていった最初のコンテンツでした。ですからディレクターとしてたくさんの壁にぶつかり、それを乗り越えるためにたくさんのブレイク・スルーを必要としたので、今でも学ぶことが一番多かったプロジェクトだと思っています。それについては今後また別の形で書いていくとして…。

これはその「新宿の母」とのあるエピソードです。

その前に、みなさんは「新宿の母」ってご存知でしょうか?
聞いたことはあるよっていう方も多いと思います。
私も出会った時はその程度の知識でした。

新宿の母は、東京の新宿にある有名老舗デパート伊勢丹の前で、常に行列を作っている人気占い師です。
※現在はお歳のため、息子さんである2代目が引き継いでいます。
本名は「栗原すみ子」さんといいます。
とにかくすごい方です。何がすごいかというと、別に「運命をあてる」占い師だからすごいのではありません。
「人として」尊敬に値し、すごい方なのです。

母は、占い師としてポピュラーなデパートの一角にブースを構えるようなやり方ではなく、伊勢丹の前に「立って」鑑定するというスタイルの「路上占い師」です。

母に初めて会った10年前にすでに70歳を超えていらっしゃいましたが、正月の三が日以外は毎日朝の電車の始発の時間ごろから、夜かなり遅くまで路上に立っていました。

先ほどから「立って」という言葉を使っていますが、ここが私が新宿の母に驚き、惚れこんだ最初のきっかけです。

新宿の母は本当に朝から晩まで、一度も座ることなく立ったままなのです。

通常、路上で見かける占い師さんというのは、小さなテーブルを作って座って、大きなムシメガネを持って客待ちをしているイメージですよね。

私が企画マンとして彼女に目を付けてから、よく伊勢丹の前に行っては彼女の鑑定模様をウォッチしていました。
真夏の灼熱のなかでも、真冬に雪のなかでも、彼女はとにかく伊勢丹前に「立って」いました。早朝から時には夜遅くまで。そして、トイレ休憩にすら滅多に行きません。そして行列を裁くために1人あたり5分~10分で素早く鑑定をしていくため、ピークでは1日に200人の女性の悩みを聞いてあげ、それにアドバイスをしていました。

「よくこんな働き方をして倒れないな……」

というのが私が当初抱いていた正直な感想です。そして彼女をここまで駆り立てているのはいったいなんなんだろう?と当時私は新宿の母に強く興味を持つようになりました。

すごく簡単に母の背景を説明すると、彼女は出身地の茨城で若いころに一度結婚して子供を産むのですが、家庭内の様々な問題で夫が失踪してしまいました。

今でいうシングルマザーとなった彼女は、泣く泣く子供を実家に預け、養育費を稼ぐために戦後の東京へ出ていきました。しかし、いろいろとうまくいかずに自暴自棄になっていたところ、街の占い師に声をかけられ、それをきっかけに占い師に弟子入りをします。

修業の末に独立した彼女が鑑定の場所を定めたのが「新宿」でした。当時の新宿は今の洗練されたビル群のイメージとはまったく違って、実は売春が合法で認められた「赤線・青線」があるエリア(ドヤ街)でした。当然そこには、事情があって売春で生計を立てている女性がたくさんおり、人に言えない悩みをたくさん抱えて生きていました。

最初に母のお客になったのは、たくさんの悩みを抱えた売春婦たちでした。

新宿の母が女性の間で人気になったのは、彼女の鑑定スタイルにあります。
通常、占い師は過去や将来の出来事などを「当てる」ことにフォーカスするので、「あなたはいついつごろに結婚するだろう」というふうに口調もどこか達観したように、高みからモノを言うようになってしまいがちです。

しかし新宿の母は、あたかも自分のお母さんが目の前で話を聞いてくれるように、相談者と同じ目線で話を聞いてくれます。新宿の母自身が女性として、母親として、とても苦労をしたことがあるため、悩んでいる女性をみると放っておけないわけです。

そんな鑑定スタイルはクチコミでどんどん話題となり、時には家出少女まで彼女を訪ねてくるようになりました。

以来ずっと、時代が変わって社会が物質的に豊かになったも、社会的に弱い立場にある女性、人に言えない悩みを抱えた女性のよき相談相手として新宿に立ち続け、行列を作っていました。
※そんな背景から、昔はずっと男性は鑑定NGでした。

そんな彼女をみた広告代理店の方が、「遠くの母より新宿の母」というキャッチフレーズを考え出したことが、彼女が「新宿の母」と呼ばれるようになっていったきっかけです。

母とお仕事をご一緒し、仲良くなってから、実際にご本人に聞いたことがあります。
「なんでいつも立ったままやるんですか?」と。

だって、真剣に悩んでいる人の話を聞くのに、私が座ってたら失礼じゃない

そうです。相談者と実際に目線を合わせているのです。
言うのは簡単ですが、早朝から深夜まで立ち続けるというのは、並みの精神性ではできない業だと思いませんか?ここまで自分に厳しく他人にやさしい人は他に見たことがない…。

「新宿の母」というのは、本当にそういう人です。

さて、母がすごい人だという話はこんなところにして、その母とお食事をしたときに、聞いた面白いエピソードがあります。

当時母は軽い糖尿を持っていたので、医者通いをしていました。

母が病院のロビーで順番を待っていると、たくさんの女性が同じく順番待ちをしていました。
しばらくその医者に通っていると、いつも同じ面子がロビーで順番待ちをしていることに気が付きました。

しかもなぜかそのほとんどは女性で、とにかく朝早くからロビーで一生懸命化粧を直していて、服もめかし込んでいる…。
母は気が付きました。

「ああ、この人たち、医者の先生が若くてカッコイイイから、会って話をしたくて通っているのね」と。

そこで母は自分の順番が来た時に、イケメン先生にちょっと嫌味を言いました。

「先生、ロビーで待ってる人たち、お化粧ばっかりしてて先生と話したいだけでしょ?でもこちらは急いでいるのに待たされて、ちょっと迷惑よね」と。

するとその若いイケメン先生は、こんなことを言ったそうです。

「毎朝お化粧することで外に出る元気が出るなら、薬に較べて安いものです。お薬は病気を治せても、生きがいは作れません。」と。

母は、イケメン先生が若いのに達観していることに驚いていました。
でも、私はその話を聞いて、母に言いました。

「一日200人に生きがいをみつけて、笑顔にしちゃう新宿の母も、タダモノじゃないですよ」と。

コンテンツを企画していた当時、よくストーカーのように新宿の母が立つ伊勢丹で彼女の鑑定模様を見守っていましたが、彼女のところを訪れた人のほとんどは、鑑定前にちょっと暗い顔をしていても、帰るときにはイキイキとした笑顔になっている。
私はそれが母の本当のすごさだと思ったのです。

Rock Me!という会社はエンターテインメントやファンタジーの力で人を元気づけたり、悩む人の背中を押してあげたいという思いを込めて、設立しました。

そして「占い」というコンテンツジャンルを大切に考えて今も取り組んでいるのは、ただ単に「あてる(未来を予測する)」ことにフォーカスするだけじゃなく、悩める人の背中を押してあげて、生きがいを見つけるお手伝いができるからです。

私はこれをよく「薬の届かないところに届く」という言い方をします。
マンガや映画をみて感動して元気をもらるのも、届いているということですね。

新宿の母との日々は、そういうことを私に発見させてくれました。

Rock Me!代表 小林宗織

※2014年7月30日の記事を再掲載しています。

Pocket

この記事をかいた人

  • MUNEORI
  • ロックミー代表。小林宗織(ムネオリ)。通称宗さん。23区内ながら湧水とダイコン畑だらけの秘境「練馬区大泉」に生まれ育つ。ばあちゃん子。近所に不発弾が出たとき、ヒィばあちゃんを置いて逃げたことが人生唯一の後悔。酔った勢いでテレビ通販のグッズを買ってしまう。オークション詐欺にもあうほど騙されやすい。趣味はとにかく(ひとり)旅。好きなのは昭和の香り残る場所と人。長所・短所は好奇心旺盛すぎること。最近の興味関心は仏教とファンタジーと夢。 ノーファンタジー・ノーライフ。 小林の書いた記事の一覧はこちら

関連記事

  • 2016.05.10
  • 2016.04.11 , 
  • 2015.04.05