Rock Me!
株式会社ロックミー個人情報保護方針
個人情報保護方針 2010年9月1日制定
個人情報保護方針について
株式会社ロックミーは、お客様に安心して当社サービスをご利用いただくため、個人情報保護体制の運営維持に努めてまいります。
個人情報の利用目的
当社は取得、収集した個人情報(氏名、性別、住所、生年月日、メールアドレス、当社サービスの利用内容等個人に関しての情報)を、以下の目的で利用するものとします。

  • 情報提供、サービス提供
  • お問い合わせに対する回答、アフターサービス
  • 商品の発送、資料等の送付
  • 当社及び第三者よりの商品、サービスのご案内、勧誘
  • マーケティング調査、分析
  • 他、各サービス個別に定める目的のため
個人情報の利用範囲
当社が収集する個人情報は、当社が業務上必要な場合、もしくは各種サービス提供に必要な場合にご提供をお願いしています。ご提供いただいた個人情報は利用目的の範囲内で利用することとし、ご本人の同意なくそれ以外の目的で利用することはありません。

収集した個人情報について、個人が識別特定されることがない範囲で、サービス向上や品質改善、第三者への公表のための統計資料作成に利用することがあります。
個人情報の保護
当社保有の個人情報について、最新の状態に保ち、不正アクセス、紛失、改ざん、漏えい等のリスクを認識し、当社が可能な発生予防措置や是正措置を講じます。
個人情報の提供
当社は、お客様の個人情報をあらかじめお客様の同意を得ることなく第三者に提供、開示することはありません。当社の業務委託企業においても、個人情報は当個人情報保護方針に基づいて厳格に管理されるよう措置を講じます。ただし、次のような場合においては、個人情報を提供することがあります。

  • 法令に基づく場合、法的手続に基づき提供を求められた場合
  • 第三者の生命、身体、財産保護のため必要である場合
外部委託先の個人情報取扱い
当社は外部委託先に、サービス運営、労務管理や郵送物の発送、システムの開発、保守、改修、注文処理、資料配送及び代金決済などを目的とし、個人情報を委託する場合があります。
その場合、当社の定める個人情報管理水準と同等の水準で個人情報の厳重な管理を徹底するよう、契約により義務付け、適切な監督を行います。
個人情報の開示
お客様ご本人から求めがあった場合、当社保有の開示対象個人情報の開示、内容の訂正、追加または削除、利用停止、消去、第三者への提供の停止に応じます。ご相談窓口までお問い合わせください。
個人情報提供の任意性
お客様が自身の個人情報を当社へ提供するか否かは、お客様自身の判断に基づきます。個人情報を提供しないと判断された場合、当社の運営するサービスが利用できない場合がありますので、ご了承ください。お客様の提供した個人情報の記入間違い、不備等がある場合、当社運営のサービスが当社の意図するものとならない場合がございますので、ご了承ください。
その他個人情報の取得について
当社は、サービス品質向上のため、または品質改善につながる統計情報を作成するため、クッキーやビーコンといったウェブ技術を使用して蓄積した情報と、当社保有のお客様の個人情報とをひもづけて記録する場合があります。ウェブブラウザ等の個別設定によりクッキーやビーコン等の機能を停止できる場合がありますが、その場合は当社サービスが利用できない場合がありますのでご了承ください。
個人情報の安全管理
当社は個人情報の改ざん、漏洩、紛失等、お客様の個人情報に関するリスクに対して合理的かつ適切な安全対策を講じていますが、インターネットや電子メールの性質上、個人情報に関するリスクを当社が完全に保証することはできません。

当社運営のサービスにおける個人情報の開示、漏洩等によってお客様本人、会員または第三者に生じた損害について、当社に故意または重度の過失がある場合を除いては、一切の責任を負いません。

当社の運営するサービス以外で、インターネット上で自発的に個人情報を開示した場合、その情報は他の利用者によって収集される可能性があることにご注意下さい。当社運営のサービスには、他のウェブサイトへのリンクが含まれていることがありますが、当社は他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護については一切責任を負いません。お客様は、当社運営のサービスから他のウェブサイトにいつ移ったかを常に認識し、自身の個人情報を提供する際は、自身の責任を持って他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護方針をお読みになられるようお願いいたします。
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
株式会社ロックミーは自社運営のサービスやアプリケーションを提供するにあたり、お客様に満足いただけるサービス品質の実現、提供を目指しています。そのために取得したお客様の個人情報を以下の個人情報保護方針に基づき、安全かつ適正に管理することをお約束します。

  • 当社は個人情報の取得時、その取得目的・利用範囲を明らかにし、目的の範囲内で安全かつ適切に取扱います。
  • 原則、お客様の個人情報をお客様の同意なく外部提供することはありません。ただし、公的な機関からの要請に対しては提供することがあります。
  • 外部委託先へ業務を委託する場合、秘密保持契約の締結によって個人情報の保護を担保します。
  • 当社は個人情報に関する個人の権利を尊重します。個人情報に関する苦情、相談、開示、訂正、削除、更新その他のお問い合わせに対して、合理的期間、妥当な範囲でこれに応じます。
  • 当社は個人情報への不正アクセスまたは個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどのリスクに対し、合理的な安全対策を講じます。
  • 当社は個人情報保護に関する法令、国が定める指針を遵守し、社内規定を定めます。
  • 当社の個人情報保護方針は、IT技術の動向を踏まえ、見直しと継続的改善に努めます。

本方針は、当社役員および従業員に周知されるとともに、ウェブサイトへの掲示などにより一般の方が入手しやすい形で開示します。重要な変更や改訂がある場合には、随時ホームページ等で変更内容をお知らせします。

株式会社ロックミー
代表取締役社長 小林宗織
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
株式会社ロックミー ご相談窓口
E-mail : toiawase@rockme.co.jp
特定商取引法に基づく表記
特定商取引法に基づく表記
販売事業者名
株式会社ロックミー
代表者
小林宗織
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
電話番号
03-6459-2693(代表)(受付時間:平日10:00~18:00)
メールアドレス
toiawase@rockme.co.jp
販売価格および決済方法について
各商品ごとに表示
返品
商品の性質上、ご入金後の返品・返金は致しかねます。あらかじめご了承ください。
BLOGS

『小林くん、キミは偽善者だろう!』

2016.04.09 , 

時は今からだいぶ遡って、2001年。
ヘタレなITディレクターとして歩み始めたころのお話。
(※写真は2009年ごろです)

私は大学を出てコンテンツ開発をしている会社に入社しました。入社から半年もせず、「ココロ診断アートロジー」というサイトのディレクターに抜擢されます。
そのサイトは当時ブームになっていたNTTドコモのiモード向けに開発された携帯公式サイトです。利用者は毎月100円を払って、さまざまな心理テストで遊びながら自分の心理状態を知ったり、心理学者のコラムが読めたり、相談できたりするというもの。

先輩社員がたくさんいるなか、普通はど新人がサイトの担当ディレクターなどやらせてもらえないのだけど、このサイトに関してだけはいきなり私に白羽の矢が立ちました。

ちょっとした事情がありました。

(時効だから?笑)言ってしまえば、監修者の先生がとてもクセある人物だったのです。サイトの担当になるとしょっちゅうその監修者から電話がかかってきて、何時間も怒鳴られたり叱られたりする。
部署内の誰も担当ディレクターになりたがらなかったわけです(笑)。
ウソみたいですが本当のお話。

その監修者の名前は今井集士(あつし)さん。
絵画心理学の博士で、子どもに描かせた絵の配色や構図からその子の心理状態や家庭環境の問題などを分析し、親子ともにカウンセリングしていくということを日本で第一人者的にやってきた人物です。
米TIMES誌で「日本の20人」としてビートたけしなどと一緒に紹介されたこともある。

実績はとんでもない人物なのだけど、
天才と言われるような人はみなクセが強い。

今井さんにコラムを書いてもらうと、原稿は一般人ではわからない難しい言葉や言い回しのオンパレードで、先輩たちがわかりやすく原稿をリライトすることに多くの時間を割いて、四苦八苦していました。

そして修正した原稿をサイトにアップすると、じきに今井さんからの電話が鳴ります。

「俺の原稿を勝手になぐるな!」

だいたい、すでにヒートアップした状態です。
そして今井さんが落ち着いてこちらの話を聞いてくださる状態になってから、事情を少しずつ説明。
これに何時間も時間をとられ、担当者は電話を切るころにはグッタリしてしまうわけです。

ちょくちょくかかってくるエネルギー砲のようなこの電話を、受け流すスキルが担当ディレクターには求められました。
そんなサイトの担当、誰もやりたがるわけがない(笑)。

ある日、当時サイトを担当していた先輩ディレクターが別案件立ち上げのため、アートロジーを離れることに。
そして上司に休憩室へ呼び出され、打診されました。

「小林くん、アートロジーのディレクターをやってみないかい?」

ビビりな性格の私は顔には出さなかったものの

「ああ、配属3か月にしてもう試練か……」
と思いました。

でも同時に、こんな考えも頭をよぎります。

「待てよ……先輩たちが担当したがらない監修者とちゃんと仕事ができたら、みんなに認めてもらえるな……。将来どんな監修者も担当できるようになるよな……」

と、野心もあった若かりし私は、明らかに自分のこれまでのキャパを超えた仕事をこなすことによるメリットのほうにも思考がいってくれたわけです。

それから数日後、すぐに上司と旧担当と、今井さんに挨拶に向かいました。

今井さんは名古屋からさらに行った高蔵寺という駅で降りて、しばらくタクシーで行ったところの川の土手ぎわにアトリエを構えていました。

「会話で変な地雷踏んだらどうしよ……」

先輩たちの事前情報のせいもあり、初めての訪問は緊張でガチガチです。
今井さんのアトリエの玄関の扉を開けて上司たちを先になかへ誘導し、自分が入ろうとすると

「君が新人か」

とまだ靴も脱いでいない私に、髭もじゃの今井さんが話しかけてきました。

「ハイ! 小林と申します。以後、よろしくお願いいたします!」

と新人らしく深々と、精一杯フレッシュに頭を下げます。

そして初対面の挨拶としては人生史上最強にインパクトある言葉をいただくことになります。

「小林くん……、キミは偽善者だろう!」

「えっ……!?」

このとき自分はもちろん、上司も苦笑いをするのが精いっぱいで言葉が見つかりませんでした。ただ唖然。

地雷を警戒していたら、いきなり目の前から大砲を打たれた。そんな気分。

その後アトリエにあげてもらいました。
怪しい大きなマンダラが壁に飾ってあり、それをバックに数時間、エネルギッシュに心理学について語る今井さんに、上司たちと圧倒されました。

夕方。心身へとへと(笑)。

帰りの新幹線の時間が迫ってきたころ、上司が
「じゃあ今後、新担当の小林をよろしくお願いします」
と切り出して帰ろうとすると、今井さんが私に話しかけてきます。

「小林くん、君はいつも、仕事でも家でも、人の為、人の為と思って生きてるだろ」

「はぁ・・・」

とポーカーフェイスを装っていたのですが、内心はドキッとしていました。
実はズバリだったのです。

家族や友人にすらいちいち言葉で言いませんでしたが、自分は常に頭のなかで

「俺がこれを頑張れば嫁が楽をできる」
「俺がこのスキルを身につければ仲間を助けられる」

という感じで、常に「誰かの為」を仕事や私生活の活動のモチベーションの中核においていたんです。

人生の岐路で何か大切な決断をするときも、
「俺が海外の高校で学んだほうが将来家族の為になるな……」
というように、理由を作ってから前に進むタイプでした。
そしてそんな、誰かの為に生きる自分が好きで、カッコいいと思ってました。
恥ずかしながら、かなり酔っていました。(笑)

「なんでこの人、初対面で俺のことこんなにわかるんだ……。」

会話もろくにせず、私の本質をついてきた今井さんに驚きました。
そしてこう続きます。

「小林くん、キミな、人の為人の為って
生きてるやつは俺は仕事で信用しない。

人と為・・・・
くっつけると 『偽』になるだろ。

ニセモノなんだよ。
偽善者なんだよ。

プロデューサやディレクターとして
何かを決めて人に指示を出すべき立場の人間は、
全てにおいて

『俺はこう思う、これは俺の決断だ。』
と言い切れるようにならなければイカン!

「人の為」と言うヤツは、
何か失敗したときもそこを逃げ場にする。
誰かのせいにする。
そういうヤツは失敗した時に

「みんなの意見を聞いてみんなで決めたから」
とかいうのが相場だ。
そういうふうに責任逃れするヤツには
誰もついてこんし、出世もせんぞ!

自分以外の誰かが決めた、
自分以外の誰かの為に、
といいながらキミは
他人に決定を「依存」しているんだよ。

君が決めたことを、
君のためにやるんだ。
依存ではなく、『依頼』をするんだ。」

今でもこのことが脳裏にはっきりと焼き付いています。

が、実はその時はまだ、今井さんの言っていたことの本質は10%も理解できていませんでした。
それまでずっと
「人の為」
で生きてしまっていたので。

その後、今井さんのサイト『アートロジー』のリニューアルを提案して任せてもらい、運よく有料会員数が3倍以上に増えて仕事自体は成功を納めました。

すると不思議なことに、ヒートアップした電話はほとんどかかってこなくなりました。

頑固な私は、その後もなるべく「人の為に」スタンスを崩さずにディレクター仕事を続けました。

チームの誰かに何かをお願いするときは、「やっていただけませんか?」と常にヘコヘコと頭を下げて。相手が気分を害さないようにすることばかり考えて。

相手がやりたがらない仕事は、器用だったこともあってだいたい自分でやってしまいました。
もちろん朝も昼も夜もなく、土日もなく仕事することでカバーしました。
チームの為に自分が黙って犠牲になれば良いと思っていました。
ずっとそのスタンスで、アートロジー以外の実績も積み上げていきました。

でも、ディレクターとして成長して、任される仕事の責任や規模が大きくなるほど、「人の為に」スタンスだけではチームメイトたちが思うように指示を聞いてくれなくなっていくことが、だんだんとわかっていきます。

たとえばですが、あるサイトに載せる広告バナーの色を決めなければいけないとします。

チームのAさんに意見を聞くと「黒がおすすめだよ」と言います。
そしてBさんに聞くと真逆で「白が好き」と言います。
ディレクターの私が最終決定をしてデザイナーに指示を出すのですが、こういう場合、駆け出しのころの私は必ずこうしていました。

「じゃあAさんとBさんの
真ん中を取ってグレーにしよう」

それが(AさんとBさん両方を満足させる)最高の選択肢だと思っていたのです。

勘違いもいいところ。

本来満足させてなければいけないのはバナーを見る「お客さん」なのに、私は「AさんとBさんの為に」を優先したのです。
チーム内の人間関係がギクシャクしたり波が立つのを恐れまくって、さらに自分が悪者になるのをもっとも恐れて。

毎日顔を合わせるチームの人たちから嫌われたくなくて。

でもグレーのバナーを作った結果、お客さんも、AさんもBさんも誰も満足していません。

満足していたのは自分だけでした(笑)。

なんという偽善者だろうこいつは。

こういう仕事スタイルをとっていた自分は、ディレクターとして大切な判断をすればするほど、チームがどんどん自分を信じてくれなくなっていくことに気が付きませんでした。

本来ならば、ディレクターはAさんとBさんの意見はあくまで参考としつつ、
「このサイトの利用者はこういうテイストが好きだから、今回は白でいく」
と「自分で」決定して指示をださなければいけないのです。

あるマグロ漁船の船長がいたとして、
船員Aが「マグロは北にいる」
船員Bが「いや、マグロは東にいる」
と言ったとき、
「じゃあ真ん中をとって北東に行ってみるか」
なんていう指示を出すヘタレ船長、誰が信じますかね。

でも当時のわたしはまさにこのヘタレ船長。

行き先を北東にしておけば、マグロがゼロでも
「みんなで決めたから」
と言い訳できますし、
「AさんとBさんの為だから」
とか言って自分を納得させてそう。

結局、
「いや、西に行くぞ!」なんて言って、
マグロがゼロだったときに自分が責められるのをビビっているだけ。

そんなヘタレが船の舵を握ってはいけない。
ヘタレがサービスの方向性を決めてはいけないのです。

でも、このことにぼんやりと気が付きはじめたのは実は今井さんに「偽善者」と呼ばれてから3年後のこと。

上司や先輩たちが次々と新会社立ち上げていきます。
みんなが視界から一気にいなくなり、私が自分でゼロからサービスを立ち上げなければいけない環境が急に生まれました。
それも1つや2つではなく、たくさんの新規サービス立ち上げと運用を同時進行して。

それでも私は、嫌われることを恐れて、それまで自分が抱えていた仕事を他のメンバーに割り振ることすらできませんでした。

でも、プロジェクトにかかわるみんなに低姿勢にヘコヘコと頭を下げて、メッセンジャーボーイのように調整ばかりに明け暮れ、こぼれた仕事は全部自分が土日を削ってやっつけるというディレクションスタイルは、とにかく自分の時間を犠牲にして成り立っていたものです。

これが当然ながら破たんしました。

もう物理的に今のやり方では回らない。

人は足りないが、自分がやるしかない。

やらないとサービスが立ち上がらない。

ずっと頭のなかで、「キミは偽善者だ!」がグルグルとまわりました。

そうして、自分の中でひとつの覚悟ができました。

「もういい、嫌われてもやるしかない。俺のためになる判断だけをしよう。」

約束した納期スケジュールを守らず、何度も遅れるメンバーや取引先がいたとき、それまでは自分なら「その人の為に」と調整に回って頭を下げることで納期の帳尻を合わせていたのですが、

「約束したことはやってもらわないと困ります。できない理由ではなく、できる理由を考えてください。」

と面と向かって言うことにしました。

吹っ切れてから進めたプロジェクトから、後にヒットは大小3つ生まれました。

突然変わった私のディレクションスタイルに当然摩擦も起きました。
でも社内メンバーが「やれない(やりたくない)」といえばそれを言い訳に足を止めず、社外でやってくれる人を探しに行くようになりました。
そうして得た協力会社のみなさんは、Rock Me!の小林になっても、助けてくださります。

3年かかって、やっとディレクターとして一皮むけましたとさ。
というお話です。

船長が
「マグロは南に向かってるはずだ。Aさん、あなたが船を漕げば1週間で漁場にたどり着く、Bさんはその間に最高の仕掛けと餌を作っておいてくれ。この時期の南のマグロはうまいぞ!」
と言えるようになっただけのことです。

でも、不思議なことに。

こういうスタイルをとってからのほうが仕事の結果に対して自分が納得しまくっていますし、何より背中を預けて一緒に仕事できる仲間が増えたのです。

新卒のわたしには、心理学博士の今井さんはハチャメチャな人物に映りましたが、最初に彼に出会わなければいまだに「へたれディレクター」をやっていたかもしれません。
そして今なら、今井さんがなぜいつも怒って電話してきていたのかがわかります。担当者の誰もが今井さんのほうばかり気にして、肝心の利用者目線で今井さんとぶつかっていくような人がいなかったからでしょう。受け流すことばかり考えて。

「キミは偽善者だろう!」
このたった一言です。
ちょっとした言葉が、その人の人生の方向を大きく変えていくことがあることを知りました。
不思議なもので、人間って生きてると必要なときに必要な人や言葉に巡り合うようにできている気がします。

数年前にお会いしたとき今井さんは昔と較べてだいぶ優しくなっていらっしゃいましたが、今も彼の理論を普及させるために元気に活動されているそうです。

彼の理論そのものは難しすぎて私にはいまだに理解できていませんけど(笑)。

Rock Me! 小林宗織

※旧ブログに2015年2月1日に掲載した記事を再掲載しました。

■参考リンク

太陽アートプロダクション(今井集士先生のプロダクション)

Pocket

この記事をかいた人

  • MUNEORI
  • ロックミー代表。小林宗織(ムネオリ)。通称宗さん。23区内ながら湧水とダイコン畑だらけの秘境「練馬区大泉」に生まれ育つ。ばあちゃん子。近所に不発弾が出たとき、ヒィばあちゃんを置いて逃げたことが人生唯一の後悔。酔った勢いでテレビ通販のグッズを買ってしまう。オークション詐欺にもあうほど騙されやすい。趣味はとにかく(ひとり)旅。好きなのは昭和の香り残る場所と人。長所・短所は好奇心旺盛すぎること。最近の興味関心は仏教とファンタジーと夢。 ノーファンタジー・ノーライフ。 小林の書いた記事の一覧はこちら

関連記事