Rock Me!
株式会社ロックミー個人情報保護方針
個人情報保護方針 2010年9月1日制定
個人情報保護方針について
株式会社ロックミーは、お客様に安心して当社サービスをご利用いただくため、個人情報保護体制の運営維持に努めてまいります。
個人情報の利用目的
当社は取得、収集した個人情報(氏名、性別、住所、生年月日、メールアドレス、当社サービスの利用内容等個人に関しての情報)を、以下の目的で利用するものとします。

  • 情報提供、サービス提供
  • お問い合わせに対する回答、アフターサービス
  • 商品の発送、資料等の送付
  • 当社及び第三者よりの商品、サービスのご案内、勧誘
  • マーケティング調査、分析
  • 他、各サービス個別に定める目的のため
個人情報の利用範囲
当社が収集する個人情報は、当社が業務上必要な場合、もしくは各種サービス提供に必要な場合にご提供をお願いしています。ご提供いただいた個人情報は利用目的の範囲内で利用することとし、ご本人の同意なくそれ以外の目的で利用することはありません。

収集した個人情報について、個人が識別特定されることがない範囲で、サービス向上や品質改善、第三者への公表のための統計資料作成に利用することがあります。
個人情報の保護
当社保有の個人情報について、最新の状態に保ち、不正アクセス、紛失、改ざん、漏えい等のリスクを認識し、当社が可能な発生予防措置や是正措置を講じます。
個人情報の提供
当社は、お客様の個人情報をあらかじめお客様の同意を得ることなく第三者に提供、開示することはありません。当社の業務委託企業においても、個人情報は当個人情報保護方針に基づいて厳格に管理されるよう措置を講じます。ただし、次のような場合においては、個人情報を提供することがあります。

  • 法令に基づく場合、法的手続に基づき提供を求められた場合
  • 第三者の生命、身体、財産保護のため必要である場合
外部委託先の個人情報取扱い
当社は外部委託先に、サービス運営、労務管理や郵送物の発送、システムの開発、保守、改修、注文処理、資料配送及び代金決済などを目的とし、個人情報を委託する場合があります。
その場合、当社の定める個人情報管理水準と同等の水準で個人情報の厳重な管理を徹底するよう、契約により義務付け、適切な監督を行います。
個人情報の開示
お客様ご本人から求めがあった場合、当社保有の開示対象個人情報の開示、内容の訂正、追加または削除、利用停止、消去、第三者への提供の停止に応じます。ご相談窓口までお問い合わせください。
個人情報提供の任意性
お客様が自身の個人情報を当社へ提供するか否かは、お客様自身の判断に基づきます。個人情報を提供しないと判断された場合、当社の運営するサービスが利用できない場合がありますので、ご了承ください。お客様の提供した個人情報の記入間違い、不備等がある場合、当社運営のサービスが当社の意図するものとならない場合がございますので、ご了承ください。
その他個人情報の取得について
当社は、サービス品質向上のため、または品質改善につながる統計情報を作成するため、クッキーやビーコンといったウェブ技術を使用して蓄積した情報と、当社保有のお客様の個人情報とをひもづけて記録する場合があります。ウェブブラウザ等の個別設定によりクッキーやビーコン等の機能を停止できる場合がありますが、その場合は当社サービスが利用できない場合がありますのでご了承ください。
個人情報の安全管理
当社は個人情報の改ざん、漏洩、紛失等、お客様の個人情報に関するリスクに対して合理的かつ適切な安全対策を講じていますが、インターネットや電子メールの性質上、個人情報に関するリスクを当社が完全に保証することはできません。

当社運営のサービスにおける個人情報の開示、漏洩等によってお客様本人、会員または第三者に生じた損害について、当社に故意または重度の過失がある場合を除いては、一切の責任を負いません。

当社の運営するサービス以外で、インターネット上で自発的に個人情報を開示した場合、その情報は他の利用者によって収集される可能性があることにご注意下さい。当社運営のサービスには、他のウェブサイトへのリンクが含まれていることがありますが、当社は他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護については一切責任を負いません。お客様は、当社運営のサービスから他のウェブサイトにいつ移ったかを常に認識し、自身の個人情報を提供する際は、自身の責任を持って他のウェブサイトの利用条件や個人情報保護方針をお読みになられるようお願いいたします。
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
株式会社ロックミーは自社運営のサービスやアプリケーションを提供するにあたり、お客様に満足いただけるサービス品質の実現、提供を目指しています。そのために取得したお客様の個人情報を以下の個人情報保護方針に基づき、安全かつ適正に管理することをお約束します。

  • 当社は個人情報の取得時、その取得目的・利用範囲を明らかにし、目的の範囲内で安全かつ適切に取扱います。
  • 原則、お客様の個人情報をお客様の同意なく外部提供することはありません。ただし、公的な機関からの要請に対しては提供することがあります。
  • 外部委託先へ業務を委託する場合、秘密保持契約の締結によって個人情報の保護を担保します。
  • 当社は個人情報に関する個人の権利を尊重します。個人情報に関する苦情、相談、開示、訂正、削除、更新その他のお問い合わせに対して、合理的期間、妥当な範囲でこれに応じます。
  • 当社は個人情報への不正アクセスまたは個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどのリスクに対し、合理的な安全対策を講じます。
  • 当社は個人情報保護に関する法令、国が定める指針を遵守し、社内規定を定めます。
  • 当社の個人情報保護方針は、IT技術の動向を踏まえ、見直しと継続的改善に努めます。

本方針は、当社役員および従業員に周知されるとともに、ウェブサイトへの掲示などにより一般の方が入手しやすい形で開示します。重要な変更や改訂がある場合には、随時ホームページ等で変更内容をお知らせします。

株式会社ロックミー
代表取締役社長 小林宗織
個人情報保護方針の取り扱いと改訂について
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
株式会社ロックミー ご相談窓口
E-mail : toiawase@rockme.co.jp
特定商取引法に基づく表記
特定商取引法に基づく表記
販売事業者名
株式会社ロックミー
代表者
小林宗織
住所
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-11-401
電話番号
03-6459-2693(代表)(受付時間:平日10:00~18:00)
メールアドレス
toiawase@rockme.co.jp
販売価格および決済方法について
各商品ごとに表示
返品
商品の性質上、ご入金後の返品・返金は致しかねます。あらかじめご了承ください。
BLOGS

Rock Me!でのAWSの使いどころ

2014.09.25

今回は弊社内のインフラについて話をしようと思います。

エンジニア一人ですと、インフラ構築から開発、運用までを全てをやらなくてはいけません。
全てを熟知してこだわり抜いて・・・とかやっていると、さすがに仕事が終わらないです。
ポイントを抑えつつ色々なサービスを使用して、本当に自分にしかできない事にリソースをフォーカスできるように注意しています。

いまいちなサービスを使ってしまうと、やりたい事ができなかったり、余計にコストが掛かったりしてしまいますが、インフラ周りに限っていえば、AWSを選んでおけば間違いはないと思います。
弊社のインフラは全てAWSでまかなっているので、弊社での使いどころを紹介したいと思います。
こちらはある課金サービスのサーバ構成図になるのですが、こちらを参考に説明していきます。
サーバ構成図

EC2(Elastic Compute Cloud)

わずか数分で起動可能な仮想サーバで、後から性能変更できるのでとても使い勝手が良いです。
サーバ構成図のグレーの四角は全てEC2のサーバインスタンスになります。

CPUやメモリが足りなくなったら、インスタンスのタイプを変更する事によりスケールアップする事ができます。
ディスク容量に関してもあとから増減する事ができます。
(どちらも一回インスタンスを停める必要はありますが)

このシステムではMONGOサーバと、本番(PROD)のWEB、APIサーバは常に負荷が掛かるので、しっかりとしたインスタンスタイプ複数台で構成しています。
それ以外のサーバについては、t2.microという一番ミニマムで安いサーバを使用しています。
1台のサーバで複数用途のシステムを共存する事はできるのですが、どうしても設定が複雑になり取り回しがめんどくさくなってきます。
そこでt2.microを使用することで、コストを抑えつつもシンプルな構成で管理できるようにしています。

また、このシステムでは常時稼働のサーバが多いので、リザーブドインスタンスを適用する事でコストを大幅にカットしています。
t2.microを1年間のリザーブドインスタンスを適用すると、初期費用$85 + 従量課金$43.8 = $128.8掛かります。
一月サーバ1台千円強で使用する事ができます。

それ以外のサーバはけっこう良いものを使用していますが、これくらいのサーバ構成で月数万円程度になります。

ELB(Elastic Load Balancing)

ちゃんとしたハードウェアを買うとけっこう高いロードバランサですが、ELBを使用すれば安定したロードバランサが安価で使用する事ができます。
バランシングだけだったら自前で構築できたりもしますが、手間や運用など考えるとELBを使用した方が圧倒的にコスト削減になります。
また、自前で立てたものが落ちてしまったら終わりなので、安定性でもこちらの方が有利です。

このシステムは課金要素を含むため、可用性を重視しています。
ですので、外部向けのWEBサーバ、APIサーバにはELBを使用しています。

RDS(Relational Database Service)

同じようにデータベースも可用性向上の部分でAWSに頼っています。
RDSではMySQLなどリレーショナルデータベースをサービスとして使用する事ができます。
こちらもEC2同様に後からスケールアップをする事が可能です。
そしてRDSの重要な機能にMulti-AZというものがあります。
通常可用性を高めるためにはレプリケーションなど設定しなくてはいけませんが、それらを自動的に行ってくれます。
何か障害が起こった場合、スタンバイに自動的にフェイルオーバーするので、すぐにデータベースの動作を再開できます。
こちらも真面目に作るとそれなりに手間と運用が発生しますが、それらの部分を任せる事ができます。

Route53

DNSのサービスになります。
SLA100%としていてだけあって安心はできます。(絶対落ちないといっているわけではないですが)
設定ツールも比較的使いやすく、何と言ってもELB,EC2,S3などの他のサービスと連携させて使用すると、かゆいところに手が届く、AWSならではの一体感によりスムーズなシステム構築ができます。

今はまだこれくらいしか使っていませんが、まだまだ使えていないサービスも多いので、用途に合うものがあればこれからも取り入れていく予定です。

Pocket

この記事をかいた人

  • ふくちゃん
  • 技術責任者
  • 技術責任書。バックエンドを中心にiOSアプリの開発まで何でもこなす。 好きな言語はObjectvie-Cだが、しばらく触ってないうちに廃れそう。。 2才の愛娘とできるだけ一緒に過ごすべく、リモートワークを推進中。 ロックミー木工部と称して、本棚や靴箱を量産しながらスキルを習得し、娘に滑り台を作るのが直近の目標。

関連記事

  • 2014.09.25
  • 2014.09.25
  • 2015.04.05